米大統領選、なぜ「高齢者候補」が好まれるのか

大統領は「キング」であり、選挙は「内戦」である

石川:そういった観点からすると、トランプにある種のマージナル性を見ることも可能だと思っています。日本が最も豊かだった1980年代、不動産屋というのは実業家といってもアメリカ・ローカルな仕事でしたし、ある時期からはビジネスマンとしては時代遅れで基本的にはテレビタレントとなっていました。そういう意味では、政治の世界で特定のイシューを持たない、マージナルな人だったといえるでしょう。

トランプが大統領になったことは確かにびっくりだったけれども、アメリカの大統領選挙の歴史を考えれば不思議ではない、マージナル性という点でトランプは確かにマージナルだったといえます。

トランプは使い勝手がよかった

あとマージナル的な曖昧さの“都合のいい“ところは、政治的にアクティブなアメリカのさまざまな勢力にとって、とても使い勝手がいいということです。例えばキリスト教福音派がなぜトランプを支持するかといったら、彼がキリスト教徒として立派なわけではないことは皆が承知していますが「少なくとも異教徒との戦いにあいつは使える」という理解なのでしょう。

つまり、何者かわからない人間(マージナル性)は使い勝手がいいと思われやすいのです。近年のアメリカの現状分析をしている人たちの研究会でも勉強させていただいているのですが、明らかにどちらが勝つかがわかる見事な分析を示しながらも、勝敗の明言は概して避けます。アメリカン・デモクラシーは誰が大統領に当選するかが構造的にわからないようにできているといえます。

ただし注意しなければならないのは、アメリカ大統領選挙は「丁半博打」のように気まぐれかというとそうではないということです。歴史的経緯から想像もつかないように起こるのではなくて、ある種、歴史的経緯の枠組み上で必然的に起こる変化であろうと思います。ただ見落とすだけです。

例えば、社会主義的なことを掲げた候補も、ある程度はマージナル性に関してうまくやっていかないと、大統領までは上りつめられないかもしれません。そういう意味で言えば、グリーン・ニューディールだとか、気候変動の問題だとか、今あげた社会主義というイシューにインテリは注目するけれども、そのままでは大統領にはなれません。

あと同様の理由で、ワン・イシュー(ひとつの争点を掲げる)候補というのも、かなり厳しいのです。前回の大統領選挙でも、予備選挙段階で瞬く間に負けていました。ですから、イシューが1つではダメで、“Yes, we can.”や、”Make America great again.”といった漠然としたものである必要があるんです。

では、何で決めるのかといわれたら、キャラクターなのです。繰り返しになりますが、『アメリカの反知性主義』でリチャード・ホーフスタッターが書いているように、「ウィットやユーモアはダメで、信じられるのはキャラクターなのだ」というのが実際のところです。

トランプがキャラクター的にどうかということになりますが、アメリカ国民にとって、ぎりぎりの許容範囲で1つのキャラクターかもしれない、ということなのでしょう。つまり、それと比較して、非常に険しく怒る人物をはたしてアメリカの大衆が望むか、夫の不倫を冷静にやりすごす女性(ヒラリー・クリントン)を民衆が望むか、という結果だったと思います。

そして、アメリカ大統領選は概して熾烈な人格攻撃の応酬になってしまうのも、これらの理由から合理的な側面があるのだとわかるでしょう。アメリカ人はキャラクターを観察しているのであって、知性を観察しているわけではないし、議論をしているのではなく、「内戦」を行っているのだということです。

次ページ2020年大統領選のどこに注目するか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT