米大統領選、なぜ「高齢者候補」が好まれるのか

大統領は「キング」であり、選挙は「内戦」である

佐々木:最後に、アメリカ政治史を専門とする先生の目から見て、今回の大統領選はどのようなところに注目されていますか。

石川:インタビューを受けている現段階では、選挙分析家の示す数字はバイデンの勝利を示しています。現代のポリティカル・サイエンスの精度は極めて高く、選挙研究者はその優れた頭脳と勤勉な調査によって、誠実に数字とエビデンスを提示しています。しかし彼らは明言しません。だから当然私のような歴史家が明言できるわけがありません。ただし、これは重要なことなのですが、どちらが勝つにせよ、選挙分析家の分析は決して古びない史料になるということです。

「歴史は繰り返さないが韻を踏む」

カート・アンダーセンが『ファンタジーランド』という著作の中で、マーク・トウェインの言葉を引いて「歴史は繰り返さないが韻を踏む」という言葉を紹介しています。

『ファンタジーランド 狂気と幻想のアメリカ500年史』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

よく通俗的に「歴史は繰り返す」といいます。しかしそれに対して、厳密性を重視する歴史学者などは「実際は歴史というのは1回限りのもので、置かれた社会情勢や事情が全部違うので、繰り返すことはない」と論駁します。

まったくそのとおりなのですが、現象には必ずそれを引き起こしたバックボーンとなる構造があり、その構造が似ていれば、異なる相貌で似た現象が起こるはずなのです。それが「歴史は繰り返さないが韻を踏む」の意味です。先進国の中では際立って国民の平均年齢が若く、かつ膨大な移民によって人種構成までが変化しているアメリカですが、そうであるがゆえに、アメリカの政治構造は反省の対象ではなく、適応の対象になるのです。バックボーンとなる構造は、依然として強固なのです。

今回の大統領選挙で私が注目するのは、「次の大統領選挙にどのような韻律を残すのか」です。今回は、2人の高齢男性が共和党と民主党の正大統領候補になりました。私は高齢者候補どうしの激突には、重要な意義があると考えています。それは長い期間をかけて何らかの意味で第2次世界大戦後のアメリカ人を体現した者どうしの戦いだからです。その最大の遺物は、それがアメリカ人の次の選択をより明瞭に示す韻律になると考えるからです。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT