神戸の小学校PTA「上部団体離反」に見えた綻び

コロナで旧態依然の仕組みにメスが入り始めた

理事会総会は2019年度と2020年度が続けて開かれたが、最大勢力の小学校PTA連の2019年度の役員は2020年度理事会総会で退席を求められ、新会長予定者だけが出席した。小学校PTA連の記録によると、2019年度決算の審議で、会計担当だった中学校PTA連の副会長は「会計事務処理は事務局員がすべて行っており、実際は処理を終えた書類を見るだけのような状況だった」などと、会計処理の課題を指摘。「神戸市PTA協議会の今後を心配している」などと述べた。

神戸市PTA協議会の言い分

小学校PTA連のある会員は「PTAは子どもたちのためにあるのに、協議会はコロナだろうがなんだろうが、自分たちの仕事を進めることが中心で役に立っていない」などと話す。市協議会は「通常の理事会総会は6月に開催するが、4月の役員会で9月頃の開催とした。その後の役員会でも協議し、最終的には8月の役員会で9月3日開催を確認した。小学校PTA連合会長も出席している」などと反論している。

コロナ禍の中で、上部団体であるPTA協議会を退会する動きは、既報のとおり『PTAの「人やお金の動かし方」に猜疑心が募る訳』(2020年8月14日配信)でも紹介した。さいたま市南区の市立浦和別所小学校PTAが5月に退会したが、同区の市立大谷場東小学校も9月に退会した。

大谷場東小の退会理由は「ダイエット」だ。コロナ禍でさまざまな活動が止まり、「本当に必要なPTA活動」は何かを検討して、4つある委員会を1つに減らし、協議会からも退会することを決めた。

廃止した委員会は講演会などを企画する「文化委員会」、次年度の会長ら役員を選ぶための「選考委員会」、広報紙を作る「広報委員会」。同小PTAは、建前でなく自由に参加する前提のボランティアを「猫の手」として組織しており、文化委員会が担ってきたベルマークの選別などは、猫の手活動でやりたい人がいれば続ける。

登下校の見守りをする「地区委員会」は残したが、交通安全運動でティッシュを配るなどの「ボランティア」をすることが恒例化している「さいたま市交通安全保護者の会(母の会)」からは退会して負担を減らした。この会は市や区が事務局を務めるが、市内に164校ある公立小中学校のうち、68校しか参加していなかった。市は配布用のティッシュを買うためなどとして130万円を補助しているが、関係者からは、公費を出すことの是非も検討するべきだという声も出ている。

次ページPTA協議会退会のメリットとデメリット
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT