日本で「社内失業」が大量発生するワケ

景気回復で、失業率は改善してきたけれど……

変化が起きても、対応しようとしない組織

それにしてもなぜ、こうした雇用のミスマッチが増えているのか?

・ビジネスの仕組みが大きく変わった

・仕組みの変化を予測した対応をしていなかった

ことなどが原因として挙げられます。たとえば、ある金融機関ではお客様との契約書関連がデジタル化することで、事務関連の仕事にかかわる人材300人が社内失業することが5年以上前からわかっていました。ところが、その対策を講じなかったため、事務関連部署の廃止を決めた後に、社内失業した人材の受け入れ先がみつからずに、社内で待機する状態になってしまいました。

リストラをする選択もありますが、日本には経営方針として大胆なリストラを嫌がる会社が少なくありません。

やはり、中長期的な視点から、経営陣には人材を数だけでなく、質の観点からも計画的に考えてもらいたいものです。また、自身が社内失業といった、ミスマッチのさ中におかれる事態は避けたいもの。転職せずとも社内におけるキャリアや市場価値について、自己分析を怠らないようにしたいものです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT