東大生も驚愕!「東京藝大生」の努力が凄すぎた

「不確実な時代」に必要な努力のカタチとは?

でも、だからと言って、納得できませんよね。

受験で何年も費やした努力が、学内に入ったら無意味なものとして捨てなければならないなんて、たまったもんじゃないだろうなというのが僕の正直な感想です。

僕が「藝大生って本当にすごいんだな」と思ったのは、この部分です。

努力にはまったく違う「2つの種類」がある

僕は、「努力」というものは2種類に分けることができると思っています。1つは「結果の見えている努力」。もう1つは「結果の見えていない努力」です。

1つ目は、「これくらい頑張ったら、この結果が得られるだろう」というものです。

「今3時間勉強したら、明日の試験でわりといい成績が取れるかもしれない」「受験生時代に英語を頑張ったら、社会人になってからも使えるはずだ」

そんなふうに、努力の結果が見えている場合には、人間は頑張りやすいです。

東大生の多くは、この努力をしています。

「今、受験勉強をしておけば、大学入試で合格できるかもしれないし、大学に入った後も活用できるはずだ」と考えるからこそ、何時間も勉強することができるのです。

しかし、そうではない努力があります。それは、「頑張ったところで、何が待っているのかわからない努力」です。

「今ここで頑張っていることが、報われないかもしれない」

そういう不安がある状態で、それでも努力し続けられる人はまれです。そして、藝大生はこの2種類目の努力を実践している人たちの集団なのだと感じました。

予備校で習った「技術」が、長期的に見たら自分の絵を描く能力を阻害するかもしれない。または覚えても、使えなくなるかもしれない。

それを知っているにもかかわらず、それでもその努力に自分の時間を何時間も投資することができるというのは、本当にすごいことだと思います。

「なんでそんなことできるの?」と聞いてみたのですが、やはり、彼ら彼女らの根底にあるのは「絵を描きたいから」「表現したいから」という「思い」でした。

次ページ「結果が見えない努力」が重要になる時代
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT