「個タクじゃないのに年収1000万」荒技師の流儀

流転タクシー第7回、稼ぐ法人ドライバーの半生

一般的に法人ドライバーの営業スタイルは、街中での「流し」と、特定の場所の「着け待ち」に分類される。中山さんの営業も、六本木と銀座に特化した「着け待ち」。だが特異なのは、この2カ所に100を軽く超える固定客を持っていることだ。長距離がメインでない顧客も含めると、リストの数は200にも上る。

前提として、法人ドライバーで顧客を持ち、維持することは非常に難しいとされる。勤務日数の少ない法人ドライバーが、顧客を回し続けることは不可能に近いからだ。もう1つは、予約を1人でさばききる術を持たないことが挙げられる。

だが、中山さんはいかにも泥臭い手法でこの2つの問題を解決した。

「去年までの話ですが、東京の売れているドライバーだと年収800万円くらいまではいく人が結構多い。だが、その先を超えるのが本当に難しいんです。効率を考えると、法人でも顧客を持たないとプラスアルファの200万には届かないと気づきました。

今の会社は多く入れて1カ月で約20日出勤(夜勤のみ)で、1カ月で140万円を稼ぐためには1日約7万円が必要。この数字を週末や繁忙期で達成するのは難しくないが、常時キープとなるとハードルが高い。そこで同じように顧客を持つドライバーのコミュニティーに参加したり、積極的に会いにいくようにしたんです。

その結果、今は予約を受けて私が休みのときに仕事を手伝ってくれる仲間が20人くらいになりました。以前の同僚や、個人の方まで幅広い層です。そのメンバーの半分くらいが顧客を持っていて、お互いに回しあうので、結果的にはWin-Winなんです。私の場合は、グループの総計で300人近いお客さんがいる計算になりますね」

このグループのほかのメンバーにも話を聞いたところ、中山さんはグループ内でも顧客の数が多く、一目置かれる存在だという。中山さんの“営業術”とはどのようなものなのか。

「六本木と銀座にいるとき限定ですが、9割以上の方に車中で営業をかけていますね(笑)。もちろん嫌がられる方もいますが、だいたいの人はタクシーで営業をかけられると思っていないから、案外受け入れられるんですよ。

100人声をかけたら、そのうちの10%くらいがまた使ってくれて、その中でいいお客さんとして残っていただけるのが3割くらいです。今までの仕事で散々挫折を味わってきたので、声をかけるくらいは痛くもかゆくもないですよ」

中山さんは「営業なんて断られてからが仕事」と力強く言う。法人ドライバーとしては異色ともいえるそのスタイルの背景には、歩んできた人生と重なる部分が大きい。

中山さんがたどった数奇な人生

タクシードライバーはさまざまな経歴を持つ人が流れ着く職業ではあるが、中山さんの軌跡は取材対象者として非常に興味深く映った。

福岡県の田舎町で生まれた中山さんは、地元の高校を卒業後、福岡県内の大学に進学した。祖父は鉄工所を経営し、代々受け継がれてきた広大な農地を借地として貸していた。地元でも裕福な家庭だった、と回顧する。

次ページ恵まれた人生に訪れた転機
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT