アリ型よりキリギリス型が成功する時代

アリの「ストック思考」からキリギリスの「フロー思考」へ

対するキリギリスは、知的資産においても「宵越しの知識は持たない」という「江戸っ子気質」である。その場で必要な知識はその筋の専門家から調達し、そこで新しいものを生み出したら興味はまた次の領域に移る。

キリギリスはつねに「今ないもの」から発想し、「未知」の領域に目が向いている。知識を活用するにも、あくまでも「未知のものを生み出すため」という目標が明確である。

先述のとおり「その道の専門家」はアリ型の思考になりやすい。対するキリギリスは「素人」の発想である。「白紙に枠を定義する」という問題発見のステージでゼロベースで考えるには、こちらのほうが向いていることは明らかだろう。専門知識という「知っていること」から発想するのがアリで、素人的に未知という「知らないこと」から発想するのがキリギリスと言える。

こうしてキリギリスの知的好奇心はつねに「新しい未知のもの」に向かっていく。キリギリスにとっては「できるとわかってしまったもの」はもはや興味の対象ではない。対してアリは「できるとわかっているもの」から実行していくことになる。

キリギリスがはた目に「飽きっぽい」と見えるのは、そういう理由による。「今あるもの」に粘り強く執着するという姿勢は問題解決には有効であっても、新たな問題を発見するときにはむしろマイナスに働くのである。

次回は2つめのポイントである「閉じた系」と「開いた系」の発想の違いについて解説する。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT