アリ型よりキリギリス型が成功する時代

アリの「ストック思考」からキリギリスの「フロー思考」へ

対するキリギリスは、知的資産においても「宵越しの知識は持たない」という「江戸っ子気質」である。その場で必要な知識はその筋の専門家から調達し、そこで新しいものを生み出したら興味はまた次の領域に移る。

キリギリスはつねに「今ないもの」から発想し、「未知」の領域に目が向いている。知識を活用するにも、あくまでも「未知のものを生み出すため」という目標が明確である。

先述のとおり「その道の専門家」はアリ型の思考になりやすい。対するキリギリスは「素人」の発想である。「白紙に枠を定義する」という問題発見のステージでゼロベースで考えるには、こちらのほうが向いていることは明らかだろう。専門知識という「知っていること」から発想するのがアリで、素人的に未知という「知らないこと」から発想するのがキリギリスと言える。

こうしてキリギリスの知的好奇心はつねに「新しい未知のもの」に向かっていく。キリギリスにとっては「できるとわかってしまったもの」はもはや興味の対象ではない。対してアリは「できるとわかっているもの」から実行していくことになる。

キリギリスがはた目に「飽きっぽい」と見えるのは、そういう理由による。「今あるもの」に粘り強く執着するという姿勢は問題解決には有効であっても、新たな問題を発見するときにはむしろマイナスに働くのである。

次回は2つめのポイントである「閉じた系」と「開いた系」の発想の違いについて解説する。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。