なぜ日本人はチャイナドレスが好きか?

大戦前の複雑な心境が生んだミステリー

一風違ったチャイナドレス

児島虎次郎『西湖の画舫』 1921年 
油彩・カンヴァス 高梁市成羽美術館蔵

『西湖の画舫』には、杭州の西湖に浮かべた屋形船で遊ぶ人々が描かれている。画舫というのは装飾された屋形船のこと。

「女性と音楽を楽しみ、酒を酌み交わし、詩を作るという文人の遊びです。その典型的な姿を私たちに教えてくれます」

谷崎潤一郎も南京に行ったときに画舫で遊んだという。

これらのほか、藤田嗣治、梅原龍三郎、朝井閑右衛門らの作品や、当時のチャイナドレスも展示されている。また、モネ、セザンヌ、ゴッホなど、美術館のコレクションも見ることができる。

「描かれたチャイナドレス-藤島武二から梅原龍三郎まで」

2014年4月26日(土)~7月21日(月・祝)

ブリヂストン美術館
東京都中央区京橋1-10-1
Tel 03-5777-8600(ハローダイヤル)

10:00~18:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
月曜休館(7月7日、7月14日、7月21日は開館)
一般800円、65歳以上600円、大高生500円、中学生以下無料
チャイナドレスや中国服で来館すると団体料金に割引

会期中、展示替えあり。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT