東海林さだお「1人酒が持たれる残念な印象」

1人で酒を飲むのはつくづく難しいのだ

これとても、「むっつり」している以外にどうすることもできないのだ。ウヒャヒャなどと、1人で笑っていたりすれば、さらに数人がその周辺から去っていくことになる。

「しんねり」と「むっつり」のほかに、1人客には「孤立」とか「不首尾」とか「不運」とか「落莫」とか、そういった印象もつきまとう。1人で飲んでいる人は、どうしてもそう見える。何か楽しいことを考えながら飲んでいるのかもしれないのに、「反省」とか「悔恨」とか「無念」のさなかにあるように見えてしまう。

ちょっと休憩しているだけで誤解を抱かれる(イラスト:東海林さだお)

いい印象は1つもない。周りから、そういう目で見られていることがわかっているから、1人客はどうしても一層いじける。

ビールをコップに注ぎ、これを飲み、つまみの焼き魚などをつついているとき、すなわち、何らかの行動を起こしているときは、周囲に与える印象はそれほどわるくない。

(彼はいま、あのように忙しいのだ)と周りの人も納得してくれる。

ちょっと休憩しているだけで「黙考」になってしまう

問題は、これら一連の動きがとまったときである。

ただ単に、飲食をちょっと休憩しているだけなのだが、これを「黙考」ととられてしまう。「黙考」のポーズは「反省」「悔恨」の雰囲気があり、それが「不運」「落莫」の気配をただよわせてしまうのである。

これを防ぐためには、1人客は、絶えまなく飲み、絶えまなく食べなければならない。だから、誰でもそうだと思うが、1人で飲むときはどうしてもピッチが速くなる。ふだんの倍ぐらいのピッチになる。

なにしろ、ちょっとでも休むと、それが「黙考」ととられ、「反省」「悔恨」につながり、「不運」「落莫」に結びつくと思うから、休むことができない。大盛りの枝豆をいっときも休むことなく食べ続け、ふと気がつくとアゴが痛くなっていた、なんてことさえある。

1人客は、休むことを許されない。
つねに行動していなければならない。
そういう意味では、つまみになるべく手数のかかるものがいい。
枝豆、焼き魚、イカ姿焼きなどは、1人客にはうってつけと言える。

焼き魚、煮魚のたぐいは、切り身より丸1匹のもののほうがよい。骨から身をはずしたり、小骨をとったり、アゴのあたりをほじくったりして時間をかせぐことができる。

「シュウマイ3個」などというのはできることなら避けたい。
 あっというまになくなってしまう。
「甘エビ3尾」も避けたい。
 これはもっとあっけない。
「しらすおろし」も量が少ないから避けたい。
「なめこおろし」も避けたい。

次ページ「黙考」していると思われないために
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT