勉強嫌いな子にあえてゲームをさせても良い訳

子どもの「好き」を引き出すことがまずは大切

「トマトアドベンチャー」では、立命館大学のコネクションを生かし、イタリアの専門家に登場してもらいました。家庭でも、SNSを駆使し、PTAやママ友・パパ友、学生時代の友人、職場の同僚や先輩などのネットワークを総動員すれば、案外身近にその道のプロが見つかるかもしれません。

ゲームのプログラミングに子どもが興味を持ち出したら、たまたまPTA役員の親戚にゲームデザイナーがいたとか、「子どもが小説家になりたいと言っている」とママ友会で話してみたら、夫が編集者というママがいたとか、そんな話だってありえます。

子どもたちが持つそれぞれの興味、関心を「仕事」にしている人は意外と少なくないはずです。根気よくツテを辿って「好き」を育てるきっかけが探せるのは、家庭教育ならでは。そういうマッチングがうまくいけば、子どもたちに本物の学びが提供できます。

「小説家になりたい子どもがいるので、一度『Zoom』でつないで、仕事について話をしてもらってもいいですか?」と依頼されたら、多くの人はイヤとは言わないでしょう。むしろ「喜んで教えてあげたい」と思ってくれるはずです。これぞ小学生パワー(笑)。その特権を思う存分使って、家庭学習を親子で目いっぱい面白がってください。

子どもの「好き」を磨く最善の方法

『子どもの未来が変わる 英語の教科書』(講談社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そして、子どもが「好き」を追求するモチベーションを高めたいなら、保護者自身が見本となるのがいちばんです。保護者が何事にも興味を示さず、仕事と家事に追われて1日を終えているのに、子どもにだけ「マンガとゲームはいいかげんにしなさい。何か新しいことにもっと興味を持ちなさい!」と言っても、説得力ゼロです。

父親が慣れないボルダリングに挑戦して全身アザだらけになったり、母親が博物館の学芸員の資格を取ろうと勉強したりしていたら、子どもだって「パパもママも楽しそう。僕も何かしたい!」「私も一緒にやってみたい!」と自然に思えるはず。学校、塾、自宅の往復では決して得られない体験を、保護者が子どもたちと一緒に楽しんでください。

(構成:井上健二)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT