「会社しか居場所がない人」は今後生き辛くなる

「お試し」で新たな一歩を踏み出してみよう

さまざまな価値観が変わっている今こそ、「お試し」という形で新しいことに挑戦する絶好の機会だ(写真:Fast&Slow/PIXTA)
新型コロナウイルスによって、これまでの働き方、さらには休み方に対する価値観が大きく変わりつつある。中には「これまでのやり方」が通用しなくなって戸惑っている人もいるだろう。
半ば強引に働き方改革が進んでいる中で、自分を見失わないためにはどう働いて、休んだらいいのか。フリーランスや転職・副業希望者の人材マッチングを手がける「働き方」のプロ、みらいワークスの岡本祥治社長と、広告代理店で働くかたわら、週末はリーマントラベラーとして世界中を旅しながらその活動を発信している「休み方」のプロ、東松寛文氏。訪れた国がそれぞれ93カ国と70カ国という海外旅行マニアでもある2人に語ってもらった。

旅行に行かなくても「内省」はできる

――前回(「自分の人生を生きていない『日本人』の行く末」)、折に触れて自分の価値観を考えたり、行動を振り返ったりする「自省作業」が重要だと言う話の中で、お2人も海外旅行がその機会になっているとうことでしたが、海外になかなか行けない今はどうしているのですか。

岡本:私は家でも内省作業を結構やっていて、お酒を飲みながら、本を読んで思いついたことをつらつら、と書いています。昔は旅行期間中しかできなかったのですが、やっぱり東京でもやらなくちゃいけないな、と思って、できるようになってきました。

東松:自分との会話を意識的にやっています。自分がもう1人いると思って、自分と一緒に飲んでいるみたいな感覚です(笑)。声は出さないのですが、もう1人の自分と会話しているようなイメージで自分と対話をしています。意識すればできるようになります。

岡本:同じような感覚かもしれません。私も本を読んで自分と向き合っている、という感覚なので同じことですよね。

東松:旅行に行けなくなった今、プライベートの時間を充実するにはどうしたらいいか、と行き着いたのが海外に住んでいる人とYouTubeのライブで発信するということです。ニュースで「○○がやばい」というのは聞くけれど、実際に暮らしている人がどういう状況にあるのか、現地の人に話を聞きたいと思って。

次ページ「内省できる人」と「できない人」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT