凄すぎる「台湾のベビーシッター」日本との大差

「安心安全」はこうやって作られていた

2007年からベビーシッターをしている陳雪燕さん。台湾ではすでにベビーシッターの仕組みが根付いている(写真:筆者撮影)
共働き世帯が増える中、都心を中心にベビーシッターの活用が広がってきた日本。
ところが今年、民間企業から派遣されたベビーシッターによる性被害事件が連続して発覚。法制度の問題なのか、企業の運営上の問題なのか。利用者のニーズが高まるなか、安心安全を求める議論が活発化している。
こうした中、すでにベビーシッターの仕組みが根付いている、台湾の取り組みが参考になるかもしれない。
今回、日本ではベビーシッターの信頼性が問題になったが、台湾では政府が法律を制定したうえで、登録制度を設けることで、事件や事故を予防。今のところ性被害トラブルについては報告されていないという。
筆者も現在、次男をベビーシッターに預けて仕事をしており、なくてはならない存在になっている。日本にシッター文化が根付いてほしいと願う1人の母親として、台湾から日本が参考にできるポイントをご紹介したい。

ベビーシッターの現場から

もともと台湾では、炊事や掃除を第三者に外注することはごく一般的だ。台湾人のほか、東南アジアから出稼ぎにきたお手伝いさんも多くいる。台湾では出産後すぐに仕事復帰する女性も多く、そうした家庭にとってもベビーシッターはなくてはならない存在だ。

台湾のベビーシッターは現在、登録制だ。政府が2014年に「ベビーシッター登録制度」を導入しており、この登録なしに活動すると違法となる。

多少の地域差はあるが、台湾で一般的なのが、ベビーシッターの自宅で預かるというスタイルだ。保護者たちがベビーシッターの自宅まで送り迎えをする。

日本ではあまり見かけない形態なので、台北市内の現役ベビーシッター夫婦に取材させてもらった。

台北市内でベビーシッターをしている陳雪燕さん(左)と陳達人さん(右)ご夫婦(写真:筆者撮影)

このご夫婦は、それぞれに資格を取得し、台北市政府にベビーシッターとして登録して活動している。現在は生後6カ月、1歳3カ月、1歳半、2歳8カ月、合計4人の子どもたちを平日1日10時間預かっている。保護者との契約内容にもよるが、離乳食を作って食べさせたり、お風呂に入れたりする。

妻の陳雪燕さんは、2007年からベビーシッターをしている。過去に3年間「社団法人台北市シッター成長促進会」の理事長を務め、現在も理事を務めるベテランだ。

次ページ学科試験と4領域にわたる実技技能試験
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT