凄すぎる「台湾のベビーシッター」日本との大差

「安心安全」はこうやって作られていた

加えて、「在宅保育サービスセンター」への登録を済ませる必要があり、登録のために必要な書類は下記の通り。登録有効期間は六年間で、更新が必要となる。

・3カ月以内の健康検査合格証明(原本)
・シッター技術資格証明書、高校以上の幼児教育・看護・家政関連学科卒業証書、保育士専門訓練の卒業証書のいずれか(コピー)
・3カ月以内の刑事記録証明(原本)
・預かり環境の安全チェック表(原本)
・共同居住者名簿
・登録申請書および警察刑事記録同意書(原本)
・身分証明書(コピー)
・身分証明写真

この「刑事記録証明」は日本ではあまりなじみがないが、台湾で「良民証」と呼ばれ、採用時など一般的によく使われる証明書で、特定の警察署で最速2時間で発行できる。

彭婉如文教基金會」が運営する、台北市の中山エリアの在宅保育センター。ここでベビーシッターの登録が行われる(写真:筆者撮影)

ネット申請も可能だ。刑事記録にはわいせつ罪なども含まれており、過去にこのような犯罪歴を有する者はこの段階で排除できる。さらに、同法第5条では、ベビーシッターによる虐待や放置といった行為ははっきりと明文化されて禁止されている。

また台湾では男性のベビーシッターも少なくないが、そのほとんどが前述で紹介したように夫婦でシッターをしているというケースだそうだ。黃さんは「それでも特に男性が就くことのできない職業というわけではありません。医者と同じです」と補足した。

2歳以下の子を持つ8割の保護者が自宅で育児する

ただ、台湾にはまだまだ課題が大いにあると黃さんは教えてくれた。

「2002年に「性別工作平等法(男女機会均等法に相当)」が制定されて以来、少しずつ状況は改善されているものの、現状の台湾は妊婦や子育て中の女性にとって決して優しい環境ではありません。

現在でも0歳〜2歳の子どもがいる保護者の約8割が、自宅で自分で子どもの世話をしている状況です。女性もたくさんの能力や才能を持っているのに、それだけの人々が家庭で育児しているというのは大変残念なことです。人、企業、社会、そして台湾にとってまったくプラスになりません。この状況を変えていくことこそが私たちの使命です」(黃さん)

プロフェッショナルな仕事として誇りを持って働くベビーシッターや、それを陰で支える運営機関があるおかげで、筆者はこうして今日も取材へ行き、原稿を書くことができている。そうして実行された仕事が、次の誰かの役に立っていく。

きちんと確立しさえすれば、ベビーシッター制度が社会をよくすることができる。台湾がそれを実証している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT