凄すぎる「台湾のベビーシッター」日本との大差

「安心安全」はこうやって作られていた

なお、この政府のシッターに登録すると、1年間に少なくとも18時間の職業研修(うち2年で8時間以上の救命講習を含む)を受けに行くこと、2年に1度の健康検査、子どもたちを預かる場所に保険をかけることなどが義務付けられる。

かつては容易に就ける職業だったが…

かつての台湾では、ベビーシッターとは比較的容易に就ける職業であり、一度資格を取れさえすればその後の更新なども必要なく、生涯従事することができた。しかし2014年の制度導入後は一変。条件が厳しいため、資格は保有しているが政府登録していないベビーシッターも見かける。ただし現在それは違法だ。

ベビーシッター登録証(写真:筆者撮影)
洗面所は、子どもたちが自分で手洗いも手拭きもできるよう整えられていた(写真:筆者撮影)
緊急時の避難経路や火災報知機の設置場所を自宅に掲示することが義務付けられている(写真:筆者撮影)

 

この登録ベビーシッターを利用すると、政府から育児補助金が支給される。筆者自身もこの制度を利用して、次男が生後55日目からベビーシッターに預けて仕事復帰した。

次ページ制度の導入・運用、どんな趣旨で?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT