半沢直樹の「上戸彩」が良い感じに浮いている訳

女優の自分を客観視し、子育てと両立する強さ

「半沢直樹」のヒットで、主人公の妻を演じる上戸彩さんにも注目が集まっています(写真:ゲッティ/共同通信イメージズ)

7年ぶりの続編となる「半沢直樹」(TBS系)がスタートしてから早2週間が経過。第2話の世帯視聴率は今年トップとなる22.1%を記録したほか(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、銀行から証券会社に出向させられた半沢直樹(堺雅人)の奮闘が早くもネット上の話題を独占する勢いを見せています。

物語の本筋は、IT企業の買収をめぐる攻防と、それに関連する子会社と親会社の熾烈なバトルであり、序盤から前作以上に力の入ったシーンが続出。また、香川照之さんが演じる大和田暁の「施されたら施し返す。恩返しです」「お・し・ま・い・DEATH!」というセリフがホットワードになるなど盛り上がっています。

そんなシリアスかつパワフルな物語の中でアクセントとなり、半沢直樹と堺さん、さらには視聴者を癒しているのが上戸彩さん。上戸さんは前作に続いて半沢の妻・花を演じ、「ほとんど男だけの物語に女性目線を入れる」という役割を担っています。

人気作ゆえに花という役柄と上戸さんの演技には賛否両論がありますが、否定的な声の大半は誤解によるものでした。とりわけ上戸さんの仕事や生き方に向き合うスタンスは、性別を超えてビジネスパーソンが参考にしたいところがあるのです。

半沢直樹・花の夫妻は正反対の性格

まず花の登場シーンを振り返ることで、否定的な声の誤解を解いていきましょう。

第1話、第2話とも花の出番は一度ずつ。第1話は半沢と電話で話すシーンで、「来れない? 来れないってどういうことよ。今日は結婚記念日なんだよ。あのレストラン予約するのどれだけ大変だったか知ってる?」と不満を漏らしました。

しかし、花は話しながら気を取り直し、「まあいいわ。今さらおじさんとおばさんで祝うってのも何だしね。それにその仕事、かなり大きいんじゃない? 声聞けばわかるもん。けっこう張り切ってるんでしょ、直樹。何か銀行にいたときみたい。じゃあこっちはお花の教室の友達誘うから、直樹はどうぞお仕事頑張って。でも若いときみたいに無理しないでよ。もうおじさんなんだから」と笑って電話を切りました。

第2話は半沢が花の手料理を食べているシーン。テーブルには、豆腐と三つ葉の味噌汁、かつおのたたき、豚の角煮、冷奴、お浸しなど、「おじさん」の年齢を踏まえて、かつてよりもヘルシーなメニューが並び、半沢は満足げな表情を浮かべています。

次ページシリアスなドラマの中でのほほえましいシーン
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。