半沢直樹の「上戸彩」が良い感じに浮いている訳

女優の自分を客観視し、子育てと両立する強さ

そこに「お花の教室の奥様たち、『どの株が上がるのかしら。お宅のご主人詳しいんでしょ』なんてしつこく聞かれて困ってるの。ねえ、どの株が上がるの?」と花が声をかけました。

半沢が「それは俺が聴きたいな」といなしつつ、「株の値段には金額だけでは表せない人の思いが詰まってる。儲かるかどうかじゃなくて、好きになるかどうかで選んだほうがいいよ。ラブレターを送りたくなるような会社をね」と熱弁すると、「良く言うよ、ラブレターなんてもらったことないくせに……(無反応の半沢を見て)エッ?あるの?ラブレターだよ。ねえねえ、どんな内容?」と思わず嫉妬してしまうほほえましいシーンでした。

どちらも「花は思ったことを率直に話し続け、それを半沢が素直に聞き入れる」というシーンであり、「正反対の性格だからこそ相性がいい」という夫婦像が見えてきます。

半沢直樹が唯一勝てない相手が花

どちらも証券会社や銀行とは、ほとんど関係のないシーンであり、だからこそ半沢にとって花の存在は癒しであり、視聴者にとってはひと息つけるタイミング。仕事中は険しい顔の半沢が家に帰ると穏やかな顔になり、上司を呼び捨てにする半沢が「花ちゃん」と目尻を下げていることからも、夫婦の時間に癒されている様子が伝わってきます。制作サイドは、「夫婦のシーンで半沢の人間味やパワーの源を感じてもらおう」としているのです。

たとえるなら、シリアスなビジネスのシーンは剛速球のようなもの。しかし、豪速球でも投げ続けていると目が慣れて凄さが薄れてしまうように、シリアスなシーンも続けるほど視聴者がそれに慣れてハラハラドキドキしなくなってしまいます。

だからこそドラマにはひと息つけるスローカーブのようなシーンが必要であり、他の作品でも主人公が立ち寄る居酒屋、バー、カフェなどのシーンをはさむのが定番。「半沢直樹」では半沢と花のやり取りが、そのスローカーブに当たり、「このシーンはいらない」と否定的な声をあげている人も、それを見ることでシリアスなビジネスのシーンをより楽しめていることに気づいていないだけなのです。

また、「花は銀行マンや証券マンの妻には見えない」という声もありますが、それこそが制作サイドと上戸さんの狙い。花は優しく背中を押すタイプではなく、明るく背中を叩くタイプの女性であり、あまり考えずに言いたいことを言ってしまう天性の明るさが半沢の救いになっているのです。
頭が良く弁の立つ半沢が唯一、「かなわない」と思っているのが花。ステイタスの高いビジネスパーソンたちと戦い、必ず勝利を収める半沢にも「実は勝てない人がいる」ことが人間味を感じさせるなど、妻が夫の魅力を引き出しているのです。

次ページ原作小説『ロスジェネの逆襲』に花は登場しないが
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT