渡部建の「不倫騒動」に見えた3つの致命的ミス

順風満帆なのになぜ欲望に負けてしまったのか

まさかのスキャンダルが浮上しました(写真:Pasya/アフロ)

「人間はかくも欲深きものなのか」

このニュースを聞いたとき、そう感じた人は多かったのではないでしょうか。

テレビのレギュラー番組を9本持ち、タレントの最高峰と言われるMCも務めるなど、仕事は絶好調そのもの。プライベートでも誰もが認める15歳年下の美人女優と結婚し、2018年9月に第1子が誕生するなど順風満帆であり、スキャンダルとは無縁の存在と思われたアンジャッシュ・渡部建さんに女性問題が浮上しました。

文春オンラインの記事によると、渡部さんは複数女性との不倫を認め、妻である佐々木希さんに謝罪したとのこと。まだ詳細は明かされていないものの、もし報じられている通り、「複数女性と関係」「妻が幼子を育児中」「外出自粛期間の密会」の3点が事実であれば、芸能活動の無期限自粛も当然と言えるのかもしれません。

誰もがうらやむ幸せを手にしているように見える渡部さんが、なぜこのようなスキャンダルを起こしてしまうのか。数多くの芸能人が不倫スキャンダルで仕事を失う中、なぜ欲望に勝てなかったのか。

かつて著書の編集者として渡部さんとやり取りを重ねた経験があり、約2万組の対人コンサルタント、さらに同じ47歳で1歳男児を持つ父親という立場を交えつつ、単なる不倫の是非ではなく、成功者ほどリスクが大きい欲望の本質について掘り下げていきます。

欲望に振り回されるほど理性を失う

現時点までの報道で、渡部さんに3つのミスが見られました。

1つ目は、欲望のコントロールミス。渡部さんは複数女性と不倫をしてしまったわけですから、まったくコントロールできていなかったと言ってもいいでしょう。人間なら誰しも何かしらの欲望があると同時に、それを抑える理性も持ち合わせているものですが、環境や心境に応じてそれらが増減しやすいところがあります。

不倫をする男性は、言わば欲望に振り回され、理性が失われてしまった状態。もともと人間は、平穏で長く続くものほど、本来の価値を忘れて過小評価しやすく、不穏で刹那的なものほど、実際以上に過大評価しやすい傾向があり、前者が妻子、後者が不倫相手になりがちです。

次ページ欲望と距離を置けばリスクを回避できる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT