渡部建の「不倫騒動」に見えた3つの致命的ミス

順風満帆なのになぜ欲望に負けてしまったのか

まさかのスキャンダルが浮上しました(写真:Pasya/アフロ)

「人間はかくも欲深きものなのか」

このニュースを聞いたとき、そう感じた人は多かったのではないでしょうか。

テレビのレギュラー番組を9本持ち、タレントの最高峰と言われるMCも務めるなど、仕事は絶好調そのもの。プライベートでも誰もが認める15歳年下の美人女優と結婚し、2018年9月に第1子が誕生するなど順風満帆であり、スキャンダルとは無縁の存在と思われたアンジャッシュ・渡部建さんに女性問題が浮上しました。

文春オンラインの記事によると、渡部さんは複数女性との不倫を認め、妻である佐々木希さんに謝罪したとのこと。まだ詳細は明かされていないものの、もし報じられている通り、「複数女性と関係」「妻が幼子を育児中」「外出自粛期間の密会」の3点が事実であれば、芸能活動の無期限自粛も当然と言えるのかもしれません。

誰もがうらやむ幸せを手にしているように見える渡部さんが、なぜこのようなスキャンダルを起こしてしまうのか。数多くの芸能人が不倫スキャンダルで仕事を失う中、なぜ欲望に勝てなかったのか。

かつて著書の編集者として渡部さんとやり取りを重ねた経験があり、約2万組の対人コンサルタント、さらに同じ47歳で1歳男児を持つ父親という立場を交えつつ、単なる不倫の是非ではなく、成功者ほどリスクが大きい欲望の本質について掘り下げていきます。

欲望に振り回されるほど理性を失う

現時点までの報道で、渡部さんに3つのミスが見られました。

1つ目は、欲望のコントロールミス。渡部さんは複数女性と不倫をしてしまったわけですから、まったくコントロールできていなかったと言ってもいいでしょう。人間なら誰しも何かしらの欲望があると同時に、それを抑える理性も持ち合わせているものですが、環境や心境に応じてそれらが増減しやすいところがあります。

不倫をする男性は、言わば欲望に振り回され、理性が失われてしまった状態。もともと人間は、平穏で長く続くものほど、本来の価値を忘れて過小評価しやすく、不穏で刹那的なものほど、実際以上に過大評価しやすい傾向があり、前者が妻子、後者が不倫相手になりがちです。

次ページ欲望と距離を置けばリスクを回避できる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT