東大生が推薦「国語の成績が上がるマンガ」3選

入試の評論文は「前提知識」で理解が深まる

評論文の頻出テーマをマンガで理解していると、読解が一気にはかどるといいます(写真:Graphs/PIXTA)
「本や教科書を読んでいるのに、なかなか身に付かない」
受験生に限らず、勉強熱心なビジネスパーソンでも、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
「かつての僕は、まさにそうでした」。2浪、偏差値35という崖っぷちから1年で奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏は、自らの経験を振り返って言います。「でも、ちょっとした工夫で、劇的に改善したんです」。
教科書、参考書だけでなく、あらゆる本の読み方を根本から変えた結果たどり着いた読書法をマンガで解説する『マンガでわかる東大読書』を刊行した西岡氏に、「国語の成績が上がるマンガ3選」を紹介してもらいました。
『マンガでわかる東大読書』第1話無料公開中!

「現代文の基礎知識」はマンガで学ぼう!

最近、「勉強になるマンガ」が増えてきたと感じます。マンガといえば、ポップで勉強になる要素なんてなさそうですが、実は考えさせられたり、勉強の役に立つマンガが多いのです。

『マンガでわかる東大読書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

僕は特に、国語の現代文の勉強はマンガで行うのがオススメだと考えています。現代文の評論で取り上げられるテーマはけっこう難しく、1回読んだくらいでは「よくわからないな」となってしまいます。

でも、そのテーマの考え方を事前にマンガで仕入れておけば、成績も高くなりやすいですし、大学に入ってからその分野の学問を深く勉強するきっかけにもなります。最初から教科書や活字で勉強しようとすると大変ですが、その前に前提知識をマンガで仕入れておくと、理解が非常にはかどるのです。

東大入試の現代文で出題される評論文だって、実はマンガを読んでいれば簡単に理解できてしまうものもあります。

今日はそんな、現代文・評論文の勉強になるマンガを3作品、紹介させていただきます。

次ページ現代文の「頻出テーマ」をマンガで理解しよう!
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。