東京五輪で警戒すべき「コロナ以外」の怖い病気

感染症が「輸入」されるリスクと向き合う

新型コロナウイルスが世界中に広まったように、2021年の東京オリンピックでは、新たな感染症が流行する可能性があるといいます(写真:SidorovStock/iStock)  
緊急事態宣言が明け、経済活動も、個人の活動も本格的にもとに戻ろうとしています。しかし、新型コロナウイルスは、なくなったわけではありません。ワクチンができあがるまで、個々気を付けて過ごさなければ、また「自粛」期間に戻ってしまう可能性もあります。
感染症の専門医で、感染症学会にも所属する、佐藤昭裕先生に、自粛期間があけた今だからこそ気をつけたいことを『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』から抜粋してご紹介します。

2021年のオリンピックで注意すべき感染症

グローバル化が進み、人や物が国境を越えて頻繁に出入りする世界は、そうなる前の世界に比べてパンデミックが起こりやすいとされています。

実際、新型コロナウイルスも、2019年末に中国の武漢市で感染が確認されてから、あっという間に世界に広がりました。新型コロナウイルスは収束しても、別のウイルスで感染症が「輸入」されてしまう可能性は、十分にありうる話です。

そう考えると、2021年に延期された東京オリンピックでも警戒が必要です。

実は、2020年東京オリンピックについても、私たち医療従事者の間では感染症への危機意識が共有されていました。新型コロナウイルスが騒ぎになるよりも、ずっと前からの話です。専門家は、ごく自然な発想として、「国境を越えて人が多く集まる機会=感染症が流行する可能性」ととらえているのです。

オリンピックの延期によって、仮に新型コロナウイルスが、また新たに大量に入ってくる懸念はほぼ払拭されたとしても、感染症にかかる危険がなくなったわけではありません。気をつけるべき感染症の例を挙げておきましょう。

・麻疹――大人が重症化しやすいウイルス感染症

麻疹ウイルスは空気感染します。しかも潜伏期間は約10日間と比較的長いため、1人の感染者から爆発的に広がる可能性があります。発展途上国などでは致死率は3%程度であり、安堵することはできません。大人が感染すると脳炎などを起こすこともあり、重症化しやすい感染症です。

・髄膜炎菌感染症――致死率20%の細菌感染症

髄膜炎には、細菌性のものとウイルス性のものがあるのですが、細菌性の致死率は20%と非常に高くなっています。そのため、専門家の間では、とくに髄膜炎菌感染症が非常に警戒されているのです。

次ページなぜ髄膜炎菌感染症が警戒されているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT