東京五輪で警戒すべき「コロナ以外」の怖い病気 感染症が「輸入」されるリスクと向き合う

✎ 1〜 ✎ 52 ✎ 53 ✎ 54 ✎ 最新
印刷
A
A

しかし、ジカ熱には非常に困った一面があります。蚊媒介で感染した男性の精液にジカウイルスが入るため、性交渉で感染する可能性が高いのです。妊婦がジカ熱にかかると、「小頭症(頭部の発育が不十分であり、身体障がいや学習障がいが起こる可能性がある)」の子どもが生まれる確率が高くなるため、妊娠中の女性や妊娠を考えているカップルは、とくに注意する必要があります。

画像をクリックすると政治、経済、企業、教育、また個人はどう乗り切っていけばいいか、それぞれの「コロナ後」を追った記事の一覧にジャンプします

ジカ熱は、2015年5月以降、ブラジルで急激に広がったことがありました(2017年5月に非常事態の終結を宣言)。

2016年にはリオオリンピックが開催されるということもあり、事態を重く見たWHOから「妊婦はブラジルへの渡航を控えるように」ということのほか、次のような勧告が出されました。

①ジカウイルスが性交渉で感染しうることを知り、コンドームを用いた安全な性交渉を行うべし。もしコンドームを使用しなかった場合は、緊急避妊へのアクセスを考慮すべき。そして、流行国に住むカップルは、妊娠を遅らせるべきである。
②流行地帯から帰国した男性は、妊娠中の女性との性交渉の際は、コンドームを装着し、安全な性交渉に努めるべし。
③流行地帯から帰国した男女は、妊娠を目的とした性交渉まで8週間待つべし。そして、男性がジカ熱を発症した場合は、6か月待つべし。
④流行地帯から帰国した男女は、8週間はコンドームを使用した安全な性交渉に努めるべし。ジカ熱を発症した男性の場合は6か月間。
⑤ジカウイルス感染は、HIVや性行為感染症、予期せぬ妊娠を防ぐため、常にコンドームを用いるべし。
(2016年6月7日 WHOより出された勧告)

そしてもう1つのチクングニア熱は、まだ日本では、あまり知られていない感染症ですが、熱帯地域からの帰国者を中心に、いくつか感染例が報告されています。

チクングニア熱にかかると、皮膚の発疹、40度にも達する高熱、非常に強い関節痛が起こります。今のところ致死性は確認されていませんが、患者さんが非常につらい思いをすることになる感染症です。

オリンピックはいつも以上に警戒すべき

オリンピックは、最も暑い時期に開催されます。つまり、環境的には亜熱帯地方とあまり変わらないといっても過言ではありません。

『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

チクングニア熱も、やはり、2021年に向けて警戒が必要な感染症といえるでしょう。

以上のように、デング熱は過去に国内で感染拡大の例があり、ジカ熱もチクングニア熱も、感染拡大こそ起こっていないものの、すでに日本でも感染が確認されています。

ほかの感染症同様、蚊媒介感染症も他人事ではなく、日本でも感染拡大する可能性があると考えなくてはいけません。ましてや、世界中から人が集まるオリンピックでは、いつも以上に警戒してもしすぎることはないでしょう。

しかも、先ほど挙げた3つの蚊媒介感染症にはワクチンがありません(一部の国でデング熱ワクチンはあるものの、良い成績があげられていません)。私たち一人ひとりの意識と行動をもって予防するしかない、ということです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT