素人も藤井聡太七段の凄さが判る7つの注目点

天才の将棋を楽しまないのは「人生の無駄」だ

⑤ AIと共存する棋士像

将棋というゲームにあって、現在、いわゆるAI(コンピューター・ソフトウェア)の方が人間の最高峰よりも強い。これ自体は仕方がない現実だし、嘆くべき問題ではない。例えば、トレーニングの相手としては、名人よりも強い相手がパソコンの中にいて、何時でも幾らでも練習相手になってくれるのだから、トッププレーヤーにとっては素晴らしい環境だ。

一方、人間同士で戦うプロ将棋にあって、AIとどう関わるかは難しい問題だ。プロ棋士の中にも、AIに答えを聞くような人もいれば、AI嫌いの棋士もいるようだ。

今は過渡期なのかも知れないが、藤井七段は、AIを研究と練習に上手く使っているようだ。AIが指摘するような新しい手に対する研究も進めながら、AIが使えない現実の対局にあって、研究の先の局面では、自分で考える能力を使って高勝率を挙げている。

「ノータイム」で意表を突く「派手な手」にしびれる

⑥ 「華」のある棋譜

筆者はプロ棋士ではないので詳しい説明は出来ないが、藤井七段の将棋では、流れが美しくて、しばしば意表を突く派手な手が出る。いわゆる「華」のある将棋だ。

例えば、タイトル戦初登場となった渡辺明三冠との棋聖戦第一局を観ると、92手目に渡辺三冠に4六金と指されて藤井七段側の飛車と角のどちらかが次に取られる状況に陥ったが、藤井七段は何れもノータイム(1分以内に着手すると時間にカウントされない)で飛車を王手で捨てて数手進めている。

藤井七段の様子が「平然と」であったのかどうかは、現場を見ていないので分からないが、世俗的な大人の将棋ファンの心理としては「17歳の子供にこのように平然とされると嫌だろうなあ」という感じの進行だ。局面としては、藤井七段が僅かな優位を維持していたらしいのだが、素人には分からない。

そして、この将棋は、渡辺三冠が連続して16手も藤井七段の玉に王手を掛け続けて、最後には、藤井七段が王手を受けた手が同時に渡辺玉に対する王手となる派手な局面で終局となった。残りの考慮時間が少ない中でもお互いに藤井玉が詰まないことを分かっていての進行だったのだろうが、最後を劇的な形で締め括ることにしたのは、渡辺三冠が藤井七段の力量を認めているからだろう。

次ページ現役最強の渡辺三冠もはやくから認めていた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。