藤井四段と羽生善治「超天才」を育んだ共通項

あの「ひふみん」も導いたのは母親だった

羽生善治九段と、藤井聡太四段の共通点とは?(写真左:Natsuki Sakai/アフロ・写真右:日刊現代/アフロ)

社会現象となった藤井聡太四段

弱冠15歳、中学生のプロ棋士である藤井聡太四段が1月14日、「朝日杯将棋オープン戦」の本戦トーナメントで佐藤天彦名人(29歳)と初対局し、勝利を収めた。公式戦でタイトル保持者に初めて勝ち、2月には羽生善治二冠との対局を予定している。

デビュー戦から29連勝、30年ぶりの最多連勝記録更新という藤井四段の活躍は将棋界の枠を超えて全国的に注目され、テレビ・新聞・雑誌などのメディアは大きく報道してきた。

藤井の盤上盤外での言動や話題は、今や社会現象にもなっている。それを象徴するように、今年の正月の新聞には新春企画として、藤井が登場する対談記事がいくつも掲載された。

その相手は、「永世七冠」の偉業を達成した羽生竜王、長年にわたってテレビの人気番組で司会者を務めてきたタレントのタモリ、陸上男子100メートル走で9秒98の日本新記録を樹立した桐生祥秀、卓球の世界大会のシングルスで優勝した14歳の張本智和(いずれも敬称略)など。藤井はそうした年齢や分野が違う人たちと、自然体で話して対談を盛り上げた。

藤井四段はまさに「スーパー中学生」といえる存在になっている。しかし日常の素顔はいたって普通だという。両親も特別な教育は施さず、息子の成長を幼年時代からずっと見守ってきた。

現在は名古屋大学教育学部付属中学の3年生。将棋に専念するために高校に進学するかどうか迷った時期があったようだが、昨年10月に「全てのことをプラスにする気持ちでこれからも進んでいきたいです」とコメントし、同じ大学の付属高校に進学する意向を表明した。

次ページ人生の方向性は、ふとしたきっかけで決まることもある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。