羽生善治氏の妻、ツイッターが大人気のワケ

突如開始した理恵さんの思いとは?

動物好きの羽生理恵さんのツイッターには、愛らしい画像があふれている(写真:HIME&HINA / PIXTA)

「アヒルのためです!」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

棋士の羽生善治氏の妻で元アイドルの羽生(畠田)理恵さんが、9月4日から始めたツイッターにハマる人たちが急増しているという。1日に何度も更新されるツイートには、これでもか、これでもか、というほどアヒルがあふれているのだ。

彼女はどうしてこんなツイッターを始めたのか?

本人に話を聞こうと、9月7日、自宅へ帰ってきた理恵さんを直撃すると、

元アイドルの畠田理恵さんは現在、羽生善治の妻でもある

「私、とても忙しいんです」

と言いながらも、奇妙なツイッターを始めたことについて、きっぱりと、

「アヒルのためです!」

いったいどういうことかと後日、さらに詳しく話を聞いてみると、

「子育てが終わったら、アヒルを飼育したいと思っているんです。ただ、飼育指南書から得ることができないので実際にアヒルを育てていらっしゃる方々のリアルな飼育情報に触れたくて始めました」

そのためツイッターのタイトルも、『羽生理恵@あひる情報収集専用アカウント』となっている。

次ページときどき、善治さん情報
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT