羽生善治氏の妻、ツイッターが大人気のワケ

突如開始した理恵さんの思いとは?

動物好きの羽生理恵さんのツイッターには、愛らしい画像があふれている(写真:HIME&HINA / PIXTA)

「アヒルのためです!」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

棋士の羽生善治氏の妻で元アイドルの羽生(畠田)理恵さんが、9月4日から始めたツイッターにハマる人たちが急増しているという。1日に何度も更新されるツイートには、これでもか、これでもか、というほどアヒルがあふれているのだ。

彼女はどうしてこんなツイッターを始めたのか?

本人に話を聞こうと、9月7日、自宅へ帰ってきた理恵さんを直撃すると、

元アイドルの畠田理恵さんは現在、羽生善治の妻でもある

「私、とても忙しいんです」

と言いながらも、奇妙なツイッターを始めたことについて、きっぱりと、

「アヒルのためです!」

いったいどういうことかと後日、さらに詳しく話を聞いてみると、

「子育てが終わったら、アヒルを飼育したいと思っているんです。ただ、飼育指南書から得ることができないので実際にアヒルを育てていらっしゃる方々のリアルな飼育情報に触れたくて始めました」

そのためツイッターのタイトルも、『羽生理恵@あひる情報収集専用アカウント』となっている。

次ページときどき、善治さん情報
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT