Jリーグ再開でも続くクラブ経営の厳しい行方

人気チーム浦和レッズで10億円赤字の可能性

もう1つのアイデアは、3密を避けながら地域密着を意識した物販強化が挙げられる。松本山雅が本拠地・サンプロ アルウィンで実施した「山雅ドライブスルーマルシェ」が好例だろう。

5月24日の1回目は試合時に出店している飲食店10店のテイクアウトグルメと、クラブ直営の喫茶山雅のこだわり弁当などを販売。安全・安心に配慮しつつ、盛況だった。そこで6月7日には地域の福祉施設も参加する形で第2弾を開催。今後も工夫を凝らして開催することは十分可能だろう。

鹿島も6月14日にカシマサッカースタジアムで「ドライブスルーマルシェ」を完全予約制で実施しており、車社会の地方クラブではスタジアムを活用した展開が期待できそうだ。

地元で共存共栄できるモデル構築が求められている

3密や交通渋滞の問題が起きやすい首都圏や関西圏のクラブは同様の試みは難しいかもしれないが、地域性を考慮したやり方を模索すればいい。こうした物販であれば、試合開催に左右されることなく、収入増を図ることができるメリットがある。

今後、コロナの第2波、第3波が来る可能性もあり、再開したJリーグが再中断されることも考えられるだけに、「日常から稼げる手段」を各クラブがそれぞれに確立させていく必要がある。それがJ発足後最大の困難を乗り切る1つのポイントではないか。

「Jクラブにとっていちばんの強みは『地域との絆』。『お互い大変ですね』と苦境を分かち合い、支え合う関係ができていることが大きな財産です。それを糧にして、生き続ける方法を探していくことが肝要だと思います」と甲府の佐久間GMも強調していたが、今こそホームタウンと共存共栄できるサービスやビジネスを構築していくことが大切だ。

ドライブスルーマルシェに限らず、地元サポーターが喜んでお金を落としてくれて、クラブも生き続けられる試みはきっとある。それを貪欲に探っていく姿勢が今こそ強く求められるのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT