Jリーグ再開でも続くクラブ経営の厳しい行方

人気チーム浦和レッズで10億円赤字の可能性

2月、今シーズンの浦和レッズの開幕戦にかけつけたサポーター(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2月21~23日のJリーグ開幕節直後から休止期間に突入しているJリーグ。

当初は3月再開を目指していたが、事態の悪化によって何度も延期され、6月27日にJ2リーグの再開が決定。同日にJ3リーグも開幕し、J1は7月4日再開という運びになった。

「移動リスクを最小限にするため、再開当初は無観客(新名称=リモートマッチ)で、近隣同士の対戦を優先する」という専門家の方針を受け、6月15日には新たに組み直した日程を発表。2019年J1王者の横浜F・マリノスは浦和レッズとの対戦からスタートすることになった。

最初は無観客、徐々に観客を入れていくが…

12日に発表された「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」では、PCR検査体制の確立やスタジアム入場制限、選手・スタッフの社会的距離の維持やマスクの着用、飲水ボトルの共用回避などさまざまな対策が定められた。当面はそれを遵守しながら、慎重に試合運営を進めていくことになる。

最大の懸案である観客動員についても、7月10日までは無観客、7月10日から7月末まで最大5000人(超厳戒態勢時)、8月1日以降はスタジアム収容人員の50%の観客数(厳戒態勢時)と段階的にフェーズを上げる形で入れていく方向だ。

ただ、再開節に6万3700人収容の埼玉スタジアムで横浜戦という「ドル箱カード」をリモートマッチで開催する浦和にしてみれば、入場料収入を一切、得られないことになってしまう。約4万人収容の吹田スタジアムが毎回超満員になるセレッソ大阪との「大阪ダービー」を再開初戦で主催するガンバ大阪も同様だ。

浦和の立花洋一代表は10日のウェブ会見で「2019年度は82億円という過去最大の営業収益(売上高)を記録したものの、今季はコロナの影響で約20億円の売上減、入場料収入の13億円減を見込んでおり、10億円前後の赤字計上の可能性がある」というショッキングな事実を明らかにしたが、これは他チームも無視できない数字だ。

全国に56あるすべてのJクラブが経営面で甚大なダメージを被るのは間違いない。

次ページJリーグ側もクラブ存続に尽力している
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT