ディズニーを最高に楽しむ、ホテルの使い方

ミラコスタに泊まるなら、穴場はどこ?

――ディズニーブランドに寄りかからない。

お客様がある意味で違う期待感を、ものすごく持ってきていますから。帝国ホテルを求めてはいないでしょうが、ディズニーブランドのホテルの価値を求めてきています。

そこを裏切ると、不満足が高まって、リピートにつながっていかない。だからそこは大事にしていく。

――素人考えですが、年配の日本人客にとっては、まだまだディズニーはブランド、キャラクターとして後発で、なじみにくいイメージがあるのでは。

石井章弘総支配人

でも、お年を召していても、何回も来てくださる方もいらっしゃいます。どちらかと言うと、お孫さんを連れてくる方が多いですが、ホテルを好きな方が来ている側面もあると思います。

団塊の世代で、もう子どもが独り立ちされていて。2人でパークに来てデートして、泊って食事して帰って行く人たちもたくさんいらっしゃいます。

そういう人たちが何を求めているかというと、キャストとの触れ合いだと思います。必ずお声をかけてくださいます。われわれもそういう部分はすごく気にしていますし、それはほかのホテルと変わりありません。

――一緒なんですね。そこをきちんとやることが。

ホテルのプロとしての側面をしっかりやっていく。そこにディズニーの要素が加えられて、ディズニーホテルのブランドをつくることができる、と考えています。

サービス面ではしっかりとした対応をしていくことを、つねに念頭に置いています。それは、宴会でも婚礼でも、レストランでも、ゲストサービスでも、フロントの対応でもドアの対応でも同じです。

車のナンバーを極力覚えて、着いたときにお名前を言う。そうすると、やっぱりゲストは本当に喜んでくれます。

次ページ婚礼はパークの中へ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT