ニッポンブランドの評価はなぜ低いのか?

「出るくい」は打たず、グローバル人材に育てよう

テスラモーターズなどを筆頭に、高いブランド価値を誇るアメリカ企業。それに比べて、日本企業のブランド価値はなぜこんなに低いのか(撮影:梅谷秀司)

「スマート企業トップ50」に日本企業はゼロ!

私はソーシャルアプリとして中国の「微信(WeChat)」を使っています。先月、そこで「MIT 全球最聡明的50家公司」と題する中国語の記事を発見しました。タイトルに興味をそそられて、リストの1位から50位までスクロールしたところ、日本企業の名は1社も見当たりません。さては怪しいデータかと元ネタにあたると、確かに2月18日に『MIT Technology Review』誌が、世界の「Smartest Companies」50社を発表していました。

このランキングで「スマート」企業トップに君臨するのは、ゲノム解析や遺伝子診断テクノロジーのイルミナ社です。2位が、シリコンバレーで起業したプレミアム電気自動車メーカーのテスラモーターズ。このメーカーの「モデルS」は今年6月から日本でも販売される予定で、価格は823万円からと発表されています。3位以下は、グーグル、サムスン、セールスフォース・ドットコム(クラウド型のCRMアプリケーション)、ドロップボックス(オンラインストレージ)、BMW、サードロックベンチャーズ(バイオテクノロジー投資)と続きます。

ただし、スマート企業の格付けとは言っても、昨年度版では「50 Disruptive Companies」と題されていたように、これ自体、かなりクセのあるランキングで、アメリカのベンチャー企業偏重の感は否めません。「disruptive」とは破壊的な、という意味で、要はテクノロジーやビジネスモデルの革新性を評価するランキングのようです。ですから、ここにはアップルもフェイスブックも入っていません。

とは言っても、サムスンが4位、LGも46位にランクされていますし、中国企業が3社も(11位テンセント、28位百度、30位シャオミー)入っていますから、ここに日本企業の影も形も見えないのは悔しい気がします。

次ページプレゼン力が低い
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。