中国オンラインショッピング、熱狂の真実

「たった1日で売り上げ5800億円」のナゾに迫る

独身の日に一日で5800億円を売り上げたアリババ(写真:imaginechina/アフロ)

「独身の日」転じて、ネットショッピングのお祭りに

国土が広大で人口が多く、インターネットとスマホが普及していて可処分所得が急伸中の中国は、ネット通販が伸びる条件のそろった国です。それにしても昨年11月11日、最大手アリババ(阿里巴巴)の通販サイトが、たった1日で350億1850万元(約5800億円)を売り上げたのにはたまげました。New York Times(2013年12月10日付)は、これを1日のネット通販の世界レコードと報じています。このお祭り騒ぎの中、ユニクロやシャオミー(小米、中国のスマホ・メーカー)はそれぞれ1億元を売り上げたといいます。

中国では、11月11日は1が4つ並ぶことから「独身の日(光棍節)」とされていましたが、2009年にアリババがこの日に合わせて大型プロモーションを仕掛けたことから、近年ではすっかり「オンラインショッピングのお祭りデー」となった感があります。China Daily(2013年11月13日付)によると、昨年11月11日のアリババのサイト訪問者は4億0200万人、中国インターネット人口の3分の2に相当します。注文件数は計1億7100万件で、そのうちスマホ経由が20%。前年の5%から大幅に増えており、ネットショッピングがPCからモバイルベースへと移行していることを示しています。

アリババによると、2013年のユーザー1人当たりの年間支出額は1万元を超えました。支出金額が多いエリアは北京、上海、広東省など大都市部ですが、特筆すべきは、青海省玉樹のチベット族自治区や内モンゴル自治区などの遠隔地で、モバイル経由の購入比率が高いことです。内陸部の所得の伸びとスマホの普及が相まって、ネット通販の利用が急増していることがうかがえます。

次ページアリババとテンセントの野望
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。