コロナ禍のホームレスはどう過ごしているのか

経済面の影響小さくなく今後の感染リスク懸念

コロナ禍でホームレスの状況はどう変化したのか。多摩川の河川敷を訪れると、ホームレスのテント村は台風19号によって流された状況そのままに放置されていた(筆者撮影)

僕がホームレス取材を始めた20世紀末に比べて、現在は野宿生活者の数は格段に減っている。20年ほど前には、

「本当はホームレス生活をしたくないのに、している人」

この連載の一覧はこちら

がたくさんいた。いったん、ホームレスになってしまうと、なかなかそこから抜け出せないシステムだった。政策や国民の意識が変わり、ホームレスから抜け出すことは昔に比べれば随分たやすくなった。

ただし、もちろんぎりぎりホームレスにならずに済んでいる、貧困層の人たちは多い。

例えば、特定の住所を持たずネットカフェで生活している人や、働いているお店の寮で生活している人たちだ。給料も安く貯金もできない。なにかあればすぐに、野宿生活へ“転落”してしまう環境の人たちだ。

そして今年、コロナ禍が日本を襲った。

非常事態宣言が発令された後は、多くのネットカフェは営業を自粛した。また、飲食店なども休業、廃業が相次いだため、職を失った人は少なくない。

新型コロナ禍により、ホームレスの状況はどう変化したのか、取材に出かけた。

なおマスクを装着し、常にソーシャル・ディスタンシングを気にかけながら取材にあたった。

まずは多摩川の河川敷を訪れた。

昨年10月の台風19号の爪痕が残る多摩川河川敷へ

ちなみに多摩川は、コロナ禍の前に昨年の台風19号で大変な被害が出た。溢水による浸水被害の様子をニュースで見た人も多いだろう。そして、その被害はホームレスをも直撃していた。

台風19号直後の多摩川(筆者撮影)

多摩川河川敷には小屋が建てられ、多くのホームレスが生活していた。僕はかなり長い間取材をしてきたが、昨年猛威を振るった台風19号の影響で彼らの小屋のほとんどすべてが流されてしまった。

台風一過した翌日に訪れたが

「1人見当たらないんだよね。いつもいる人なんだけど、台風の後から見当たらない」

と言って近くの公園に避難していたホームレスが、行方不明になった知り合いを探していた。後日、その行方不明になっている方かどうかはわからないが、多摩川でホームレスの方が亡くなっているのが発見された。

次ページ「全然かわいそうじゃないぞ!! ざまあみろだ!!」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT