私たちには今「怒と哀」を放出する手段が必要だ

弱い相手や子どもにストレスをぶつける前に

コロナ自粛のストレス、弱い相手に向いていませんか?(写真:Ushico / PIXTA(ピクスタ)

今、新型コロナウイルスの影響で、ストレスがたまっている人が多いと思います。ストレスは弱い相手に向けられがちで、子どもがいる親の場合は子どもに向くことが少なくありません。

勉強しない、やるべきことをやらない、出せば出しっぱなしで片付けない、ダラダラしてばかりなど、子どもはその理由をたくさん用意してくれていますから、ストレスをぶつけるにはうってつけの相手です。

でも、「◯◯しなきゃダメでしょ! 何度言ったらできるの」などと叱ってばかりいると、いろいろな弊害が出てきます。例えば、子どもは自分に自信が持てなくなり、「どうせ自分はダメな子だ」という自己否定感にとらわれるようになります。また、「自分はダメな子だと思われている。もうこんな自分は親に大切にされていないかも」と感じて、親に対する愛情不足感にとらわれるようにもなります。

おすすめしたい「3つのヨガ」

こんなことにならないために、とてもよい方法を紹介します。それは私が小学校の教師だったときに子どもたちと一緒にやっていた方法で、「怒りヨガ」「泣きヨガ」「笑いヨガ」の3つです。これをぜひ、家庭でやってみてほしいと思います。

この連載の記事一覧はこちら

まず「怒りヨガ」ですが、やり方はとても簡単です。私が「怒りましょう!」と言うと子どもたちが一斉に怒り出すのです。

「アー、アー、アー!」「ウワー! ウワッ、ウワッ、ウワー!」「#%&¥!○*$×@△」といった感じです。中には、犬のまねをして、「ワンワンワン、ワンワンワン、ウー、ワンワンワン」とやる子もいました。また、「バン、バン、バン」「ボン、ボン、ボン」「ガン、ガン、ガン」「プン、プン、プン!」などの破裂音だと怒りを表現しやすいようです。

次ページ「泣きヨガ」「笑いヨガ」は
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT