【産業天気図・自動車】新興国需要で10年4月から「雨」に一段回復も、本格回復は道半ば

予想天気
  09年10月~10年3月    10年4月~9月

自動車業界は2009年10月~10年3月は「どしゃ降り」、10年4月~9月も小幅回復程度の「雨」止まり。米ゼネラル・モーターズ(GM)の破たんから2年目に入ろうというのに、業界はまだ確たる回復の手ごたえをつかめずにいる。

米調査大手CSMワールドワイド社によると、09年の自動車世界生産台数は前年比14%減の5613万台に落ちこむ見通し。来10年は6078万台と8%増の予想だが、08年比では依然7%足りない状況。本格回復とはとても言えない。こと米国に限れば08年1263万台→09年855万台→10年1047万台、日韓は同じく1440万台→1074万台→1209万台と回復はとても鈍いものとなりそうだ。

つまり、問題は先進国なのだ。米国の新車買い替え促進策「キャッシュ・フォー・クランカー」は短期間で終了。失業率も10%前後の高水準で推移していることから、月間新車販売100万台のレベルになかなか戻せないでいる。11月も74万台だった。今の見通しだと、1~12月の年間販売台数は1050万台程度で終わりそうだ。欧州各国でも同様の補助政策が次々に失効しており、本格回復の糸口を見いだせないでいる。日本もエコカー減税・補助金効果で年央からは持ち直しているものの、09年は普通車で1割減の290万台、軽自動車で6%減の170万台と、総販売台数は31年ぶりに500万台を下回る見通しになってきた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT