金正恩氏は元山に滞在か、衛星画像に金氏の船

行事に顔を見せないのはコロナ感染恐れてか

 4月29日、健康不安説も浮上している北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(写真中央)が、東部の元山(ウォンサン)に滞在している可能性を示す衛星画像が公開された。写真は観光地区の建設現場を視察する金委員長。KCNAが2019年4月に配信(2019年 ロイター)

[ソウル 29日 ロイター] - しばらく前から公の場に姿を見せず、健康不安説も浮上している北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、東部の元山(ウォンサン)に滞在している可能性を示す衛星画像が公開された。

北朝鮮分析サイト「NKプロ」は29日、金委員長が頻繁に使用する船が写っている商業衛星の画像を掲載。画像から、金委員長が側近らとともに元山に滞在している可能性がでてきた。

前週、米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」が、金委員長のものとみられる特別列車が元山で停車している衛星写真を公表した。

韓国と米国の当局者は、金委員長が重要行事に姿を見せなかったのは、新型コロナウイルスに感染するのを防ぐためとの見方を示し、メディアが報じた健康不安説を疑問視している。

専門家や衛星画像によると、元山の海岸にある金委員長のいわゆる御用邸には客用のビラやバスケットボールのコート、列車の駅もある。

米スティムソン・センターの北朝鮮の専門家、マイケル・マデン氏によると、北朝鮮国内にはこうした場所が13程度あり、いずれも公務ができるよう設備が整っている。金氏が定期的に利用するのは、そのうちの半分程度だが、元山は「お気に入りの場所の一つ」という。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT