ABCマート襲う「コロナ」と「五輪延期」の二重苦

「勝負の年」に連続増収記録もストップか

東京・渋谷のセンター街にあるエービーシー・マートの「グランドステージ 渋谷店」。新型コロナ感染拡大の影響により、週末休業を余儀なくされている(記者撮影)

靴専門店「ABC-MART」を全国展開する、靴小売り国内最大手のエービーシー・マート。2000年の上場以来、2020年2月期まで19期連続で増収、16期連続で営業増益を達成してきた優良企業だが、新型コロナウイルスの感染拡大と東京五輪延期の「ダブルショック」にさらされている。

「2021年2月期業績予想の公表延期に関するお知らせ」――。国内で新型コロナの感染拡大が深刻さを増し始めていた3月16日。エービーシー・マートは、4月8日の2020年2月期決算発表に先行して新年度の業績予想を「未定」とする旨を公表した。

新型コロナが業績に与える影響については未確定要素が多く、適正かつ合理的な予想の算出が困難であることを理由に挙げた。小売業界では4月以降、2020年度の業績予想を非開示とする企業が相次いでいるが、他社に先駆けての発表となった。

五輪開催に向けて打っていた布石

エービーシー・マートの2020年2月期決算は、売上高2723億円(前期比2.1%増)、営業利益433億円(同1.3%減)となった。約260店を展開する韓国で日系ブランドの不買運動が起きたこともあり、2003年2月期以来の減益となった。ただ、赤字に陥っている靴小売り2位のチヨダや同3位のジーフットと比べれば、その健闘ぶりは際立っている。

業績を牽引するのはアディダスなどの、ナショナルブランドの商品だ(撮影:今井康一)

一方、売上高は19期連続の増収となった。伸びを牽引したのは、売り上げの約6割を占めるスニーカーのうちナショナルブランドの商品だ。

同社は、国内商標権を持つアメリカのスニーカーブランドのヴァンズをPB(プライベートブランド)として展開するほか、ナイキやアディダスなど有力ナショナルブランドとも長年にわたり強固な取引関係を維持。ABC-MART専売の共同企画商品も取りそろえ、品ぞろえの豊富さで他社を圧倒している。

次ページ勝負の年だった2020年度
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT