自粛中に「安全に子ども同士を遊ばせる」新発想

今こそ大人たちの知恵の絞りどころだ!

この連載の一覧はこちら
世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。その影響がさまざまな場面に及んでいますが、今多くの親が悩んでいるのが、休校中の子どものことです。地域により温度差はありますが、東京など感染者の多い地域では、自粛生活が本格化し、毎日ずっと家にいる、という子も少なくありません。
しかし、ずっと室内にいて友だちとも会えない、というのは、遊びたい盛りの子どもにとっては大変なこと。ストレスを抱えてもおかしくありません。
かといって気軽に外出させるわけにもいかない……。そんなジレンマを、いったいどうしたらいいでしょうか。ロックダウンなどで日本より厳しい自粛生活を送っている国、地域ではどうしているのか。
そこでこれまでの記事に続き、3月16日にいち早く外出禁止令を出したアメリカ・サンフランシスコに住む、ある家族の事例を紹介します。外出はできないけれど友だちと遊べる”ある方法”が、すでに実践されていました。

1回目記事:外出禁止の国に「日本はヤバい」と心配される訳

2回目記事:外出禁止の国が実践する「非常時生活」のリアル

3回目記事:世界各地の親が「ネット授業」に悲鳴を上げる訳

オンラインプレイデートって?

次ページ具体的にどうやる?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。