日本の大学発ベンチャーがパッとしない病根

経営者はアメリカでの資金調達を検討すべし

資金以外でベンチャーの成長に欠かせないのは、クオリティの高いメンター(助言者)の存在だ。

アメリカの場合、例えばバイオテック関連だと、医師出身の投資家、製薬会社を経営したVC責任者、または起業経験のある大学教授のように、ベンチャーの成長に必要な知識・経営・研究などのバックグラウンドがあり、複数の強みを持つ人材が豊富にいる。資金力や人脈もあるので、出資してもらえるだけでなく、よりふさわしい投資家の紹介を受けられる。

今回のショーケースに参加したベンチャーからも、「各コメンテーターに、さまざまな観点からの知見や次に生かせるコメントをいただいた」と好評を得ている。見聞を広めるという意味でも、アメリカでの資金調達を検討する価値はあるだろう。

アメリカで大学発ベンチャーが注目されるワケ

アメリカの投資家は大学発ベンチャーに非常に注目している。理由はさまざまだが、前出のKiyoizumi氏によると「特にバイオテック関係だと規制や実験設備の制限があるため、有望なライフサイエンス分野のベンチャーの大半が大きな研究所と大学に集中している」という。そのため、エンジェル投資家は大学のベンチャー支援組織を介してメンタリングし、投資している。

アクセラレーター(スタートアップ支援組織)やVCも、同様の動きをみせる。例えば、世界最大規模のアクセラレーターであるY Combinatorも、各大学まで足を運び、自社のアクセラレーションプログラムを紹介し、起業意欲のある学生・研究者と積極的にコンタクトしている。

また、アメリカ西海岸のあるVC責任者は「(成功の秘訣は)いかに有望な大学のラボと接触し、いち早く投資させてもらうよう説得できるか。あるいは、育成する際、いかに研究室のままの雰囲気を保つかだ」と教えてくれた。

もちろん、日本の大学発ベンチャーがアメリカで資金調達することは簡単ではない。

まず、「伝える意欲」と「プレゼンテーション能力」が大きなハードルになる。国際舞台を視野に入れるベンチャーも増えているが、英語でのプレゼン力を高められるかが課題だ。

同じく英語が母国語ではない筆者が、いろいろな英語発表を聞いてきた経験から考えるところ、日本の起業家は英語で必要な情報を発することはできるのに、話し方に自信がないように感じる。

バイオテック関連を例に挙げると、アメリカの投資家は業界事情に詳しいため、まずは「きっと世界にインパクトを与える研究や製品になる」というマインドを伝えることが重要だ。その次に、キーワードやキーセンテンスをはっきり伝えられれば、理解を得られるはずである。

次ページ気をつけておきたい"落とし穴"
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT