「理不尽なダメ出しをする人」に打ち勝つ超戦略

大切なのは"相手のパターン"の見極めだ

やる気を下げる一言を言ってくる厄介な相手への対処法を紹介(写真:EKAKI/PIXTA)
上司や同僚、あるいはお客様のささいな一言で、やる気が下がってしまったことはないだろうか? 「前例あるの?」「やる必要あるんですか?」といった発言で、やる気を下げてくる人物。経営・組織戦略コンサルタントの西野一輝氏は、そんな人たちのことを”モチベーション下げマン”と名付けている。
こうした厄介な存在に出会ったとき、どう対処したらいいのか? 西野氏は、2000人以上の経営者・著名人のインタビューを通し、やる気が高い人にはある行動・思考の法則があったという。モチベーションを高めるための方法論をまとめた初の著書『モチベーション下げマンとの戦い方』から一部を抜粋・再構成して紹介する。

「誰かの一言」によって、モチベーションを大きく下げている人にたくさん会ったことがあります。

ただ不思議と、その一言を発した本人からすれば、モチベーションを下げようと思って発言していないケースが多々あります。むしろその人のモチベーションを上げようと思って言っているケースさえもあります。

そんな「一言」に対抗する方法を紹介していきましょう。

例えば「仕事に対するこだわりが薄い点がきみの長所だね」というように、自分は相手の気持ちがわかるとか、自分は相手のことをわかってあげようと努力していると勘違いしている“モチベーション下げマン”(以下、MSM)はたくさんいます。自分を過大評価しているのかもしれません。

残念ながら、この過大な自己評価は今後も変わりません。「わかってないですよ」と理解させるのは相当に困難な話なのです。

このタイプにはどう反論すればよいのでしょうか。

MSMとの上手な付き合い方

まず、変わらないのですから自分のモチベーションの下げ幅を最低限にするために、極力その人とのコミュニケーションの量を減らしましょう。次第にMSMとの距離感を少しずつ離していくのです(この努力が実ると、自分はモチベーションの下がる機会が減りますが、誰かが犠牲になるリスクは残ることは覚えておきましょう)。

さて、どんなふうに距離を取っていくかというと、やみくもに冷たい態度をとるのはおすすめしません。そこで、「自分は鈍感で、あなたが話している意味がよくわかりません」と言うのです。

つまり、MSMの発言が高尚であって、自分にはわからないように振る舞うのです。MSMも話していることが伝わらないとなれば、面白くなくなり心の距離を置く可能性があります。

次ページ敏感に反応するとMSMの思うツボに
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。