今こそ「都市イノベーション」に舵を切るべき訳

「元には戻らない世界」で私たちがすべきこと

イノベーションに古いルールは役立たない。「元には戻らない世界」で私たちがすべきこととは?(写真:metamorworks/iStock)
コロナ禍に触発されて世界のスタートアップが次々に、大企業や政府が提供できなかったサービスやソリューションを提供している。これからのイノベーションのあり方も見直され、大きく変わるだろう。
紺野登氏は、30年前ほどからデザインと経営の融合を提唱し、企業の組織変革、リーダー育成、オフィスの場のデザインなどの実務にも、数多くかかわり、グローバルに活動してきた。
このたび、その集大成として、イノベーションにまつわる学問を超えた叡智と方法論を『イノベーション全書』として刊行した。本稿では、同書でも語られているイノベーションの流れを振り返り、現時点で世界で起こっていること、そして、これから向かうであろう方向性について論じる。

ブラックスワンは再び

「(21世紀に)私たちは多くの例外的事象を目にするだろう。(中略)これらの例外は基本的に経済的大地震や大噴火に匹敵する。(中略)それらは単に表層的な現れにしかすぎない。もっと深く、根本的な変化が私たちの経済的世界の構造には潜んでいる」

『イノベーション全書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

上記の文は、富の不平等問題を警告した経済学者、レスター・サローが1996年に書いたものである。

サローの予言のような新型コロナウィルスの伝染は、もっと時間がかかっていたはずの変化を噴出させ、加速することになった。イノベーションが重要だと頭ではわかっていても、腰の重かった企業にも待ったなしの状況が訪れている。

2008年のリーマンショックでは、供給側が需要側に過剰に貸し付けて信用破綻が起きた。経済システムはその後、大きな犠牲を払いつつも復元した。しかし、今回私たちが経験しているのは、需要側も供給側も麻痺し、全システムが止まってしまった状態だ。

サローにならえば、ブラックスワンは再びやって来る。今こそ、そのあり方を根本から見つめるべきときだといえる。

次ページもう元には戻らない
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。