スノーピーク、「32歳3代目新社長」でどう変わる

「世襲批判」「コロナ」、逆風下での出発

3月に新社長に就いたスノーピークの山井梨沙氏(右)と、父親で前社長の山井太氏(記者撮影)
新型コロナウイルスが猛威を振るうさなかの3月27日、キャンプ用品大手・スノーピークの新社長に、創業家の3代目で、副社長CDOの山井梨沙氏が就いた。
山井氏は1987年生まれの32歳。2012年にスノーピークに入社し、アパレル事業本部長や企画開発本部長などを経て、2019年1月から副社長CDOを務めていた。
近年、上場企業のコーポーレートガバナンスの重要性が叫ばれている中、「世襲」ともいえるトップ交代の狙いは何だったのか。山井新社長に今後の経営戦略やガバナンスのあり方などについて、ビデオ通話でインタビューした。

30代社長で「新しいスノーピーク」を

――山井新社長は32歳。東証1部上場企業の社長としては飛び抜けて若い社長の誕生です。「世襲人事」に対し、ガバナンス意識に欠けるのではないかという株主の意見もあるようですが、周囲の反響をどのように受け止めていますか。

ポジティブな意見、ネガティブな意見、両方あった。若いことに加えて女性であること、ファッションブランドのデザイナーとして働いた後、スノーピークに入社している経歴から、経営者としては力不足ではないかと感じられる人もいるようだ。

一方で、スノーピークだから英断できたことだと評価してくれる人もいた。女性で30代前半の私が社長となり、世の中に示していかないと、固定観念に縛られた男性優位の社会は変わらないと応援してくれる人もいる。とにかくやり続けて結果を出すしかない。

会長(で、前社長の山井太氏)が先代から社長を引き継いだのも30代だった(編集部注:太氏の社長就任は1996年で、36歳のとき)。創業者である祖父が60歳で亡くなったことで、父(である太氏)は若くして社長に就任することになった。父はこのときを振り返り、「クリエイティブな力、会社を変革するエネルギーにあふれている30代で社長になったから今のスノーピークがある」と感じているようだ。

だから私も30代前半で社長に就任させ、新しいスノーピークを作ってほしいと考えたようだ。私もその考えに共感している。

世襲に関して会長は常々、「初代が金物問屋を起業し、2代目として私がキャンプ用品事業を立ち上げ、娘がアパレル事業を立ち上げた。社内起業は社員のだれもがやろうと思えばできるが、たまたま山井家の人間が3代続いて起業家精神を持っていた」と言っている。キャンプ用品とはまったく異なる分野のアパレルという新規事業を、入社7年で売上高20億円にまで育てたことが評価され、社長に抜擢されたと考えている。

次ページ社長就任の打診はいつあったのか
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。