マスク、消毒液の「超品薄」を示す実売値の驚愕

旺盛な需要を満たすほど供給が追いついてない

感染予防関連商品の旺盛な需要が続いている(写真:masa/PIXTA)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が止まらない。政府は4月16日夜に開いた対策本部で、東京など7つの都府県以外でも感染が広がっていることから、5月6日までの期間、対象地域を全国に拡大するこを決めた。

恐怖が蔓延する中、マスクや消毒液、ハンドソープといった感染を防ぐ関連商品の需要がより高まっているように感じる。

マスクはいまだに店頭で見かけない

近くのドラッグストアに出向いても、いまだにマスクは陳列されていない。または、陳列されても、すぐさま売り切れている。

筆者は3月上旬に5000万人規模の消費者購買情報を基にした、True Dataのデータベース「ドルフィンアイ」を使って、マスクや消毒液、ハンドソープといったコロナウイルス対策商品の売れ行きを調べた(「マスク、消毒液『実売値』で見る異常な売れ行き」2020年3月4日配信)。

主要な全国のドラッグストアのPOSデータを基にマスク、消毒液、ハンドソープの売れ行きを抽出したところ、今年1月後半以降、これらの商品は異常なほどに販売が膨れ上がったことがわかったが、その後の状況変化についても調べてみた。

直近ここ2年間における、消毒液、マスク、ハンドソープのドラッグストア1店あたり1週間ごとの売り上げ点数をグラフにまとめてみた。

(外部配信先ではグラフを全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

次ページハンドソープ、消毒液の実売状況は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT