マスク、消毒液の「超品薄」を示す実売値の驚愕

旺盛な需要を満たすほど供給が追いついてない

<1>ハンドソープ

<2>殺菌消毒(アルコール消毒等)商品

<3>マスク

リアル店舗で過剰な値上げは見られない

結果から言えば、リアル店舗での過剰な値上げは見られない。これは非常事態宣言が発せられてからではなく、以前からの傾向だ。

ハンドソープは平均売価が上がっているが、これは、比較的高額な商品に加え、当カテゴリにも一部含まれるハンドジェル等が売れて全体が上昇していると思われる。殺菌消毒商品は値を戻している。マスクも変わらない(微減しているが、これはたまたま販売されている商品構成が変わったレベルであり、無視できる)。

そう見ると、日本の小売業者はこうした有事、緊急事態にかこつけて便乗値上げはせず、消費者にこれまでと変わらない価格で提供してくれている。これは、大袈裟だが、誇ってもいい事象ではないだろうか。いま、市民が全員で頑張るときだ。そんなときに、必要品の陳列がなかったくらいで店員に怒鳴ったり、詰問したりするのはいただけない。流通側も頑張っている。

必要以上の買い占めはなしにしよう。いまこそ市民生活の倫理が問われている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT