マスク、消毒液の「超品薄」を示す実売値の驚愕

旺盛な需要を満たすほど供給が追いついてない

(3)マスク

マスクの状況も同様だ。

これも今年1月下旬に販売量のピークを迎えて、それ以降、旺盛な需要に供給が追いついていない。マスクはそもそも約60億枚の年間需要がある。そのほとんどが中国からの輸入だった。その中国製マスクが入ってきていない。中国が、自国の需要を優先して振り向けたからだ。

現在、国内のマスクメーカーが増産して、異業種からの参入も相次いでいる。さらには、政府が世帯に2枚のマスク配布を決めた。政府は月間6億枚のマスク供給を約束している(なお、この6億枚という数字の厳密さは必要ではない)。

爆発的に増えた需要に対して供給量が全然足らない

それでも、いまだにドラッグストアではマスクの品切れが生じている。概算で、かつて月間5億枚のマスクが必要だったとする(60億枚÷12カ月)。そして現在では、その5倍の需要があるとする。これは2020年1月下旬のマスク販売数が、昨年ピークの約5倍だったことによる。ただし、実際はもっと需要量は多いだろう。あくまで仮定として、控えめな数字を採用した。

需要が5倍とすれば月間25億枚だ。全国民が1カ月に20枚ほど使う計算になる。そうすると、6億枚でも供給量としては足らない。卸売業者の中には通常の10倍を超える需要が発生しているとの見方もあるようだ。実際に、私は今年2月の時点で、4月になってもマスク不足は続くのではないか、とテレビ番組で予想したが、その不幸な予想は当たってしまっている。

とはいえ、日本のドラッグストアを責めるだけではなく、最後に称賛もしておきたい。ドラッグストアの販売単価についてだ。True Dataのデータベース「ドルフィンアイ」を使って調べてみた。グラフ化したのでそれぞれ見てみよう。

次ページそれぞれの販売価格を見てみよう
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT