「3年後離職率」を徹底解剖!

「3年で3割」が目安、代替指標は採用数と従業員数

危ない会社をどうやって見分けるか。やっとの思いでつかんだ内定先が、ブラックやグレーでないかを見分けることができる指標が「3年後離職率」です。回答企業が公表に最も神経を尖らせる箇所でもあります。

新卒者が3年間で辞める割合がわかる

「3年後離職率」は、2005年秋発売の2007年版から、多くの先輩たちの強い要望によって、調査・掲載を始めたものです。それ以後、就職四季報には平均年収などと並んで、最も目立つ位置に掲載しています。

最新版2016年版であれば、2011年の新卒入社者が直近の対象です。そのうち、3年後の2014年4月1日までに離職した人数の割合を算出し、矢印の右に大きく表示しています。

矢印の上の小さな数字はその前年の3年後離職率です。たとえば、新卒入社者が1人の場合、その1人が残るかやめるかで、3年後離職率は0%と100%の間を大きく振れることになります。次ページの高離職率リストのトップの会社が典型例で、3年後離職率100%という数字だけを見てブラック判定するのは禁物です。2年分を見ることで、数値が極端なブレなのか傾向値なのかがわかります。

次ページ離職率が高い会社とは?業種と数値を一挙公開
の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT