コロナに潰されない人が突き詰める4つの論点

「緊急時でも成長する人」はどこが違うのか?

コロナ危機の今こそ、人生を見つめ直すよいタイミングかもしれません(写真:Fast&Slow/PIXTA)

猛威を振るう新型コロナウイルス。戦後、1973年のオイルショック、1990年のバブル崩壊、2008年のリーマンショックなどいろいろな危機がありましたが、働く人への影響という点では、現段階ですでに過去の危機を超えているのではないでしょうか。

最近、仕事仲間からよく耳にするのが、「自分の仕事・働き方・生き方を改めて見つめ直してみたい」という声です。働く人がいま改めて考えてみたい4つの論点を紹介しましょう。

仕事における「不要不急」とは

第1の論点は、仕事における「不要不急」です。

今回、外出自粛において「不要不急」という言葉が使われ、会社でも「不要不急の会議は止めよう」「その出張は不要不急で認められない」などと言われます。

会社の業務は、必要かどうか、急ぎかどうかで次の3つに分類できます

①必要火急
②必要不急
③不要(「不要不急」と「不要火急」)

必要かどうかは、その業務を延期して実施するか(必要)中止するか(不要)、急ぎかどうかは、いますぐやらなければならないか(火急)、延期しても差し支えないか(不急)、でわかります。

皆さんはこの割合がどうなっていますか。ちなみに経営コンサルタントの私の場合、4月は①:②:③=1:8:1です。4月に予定されていた研修など多くの業務が延期になり、現在ほとんど仕事をしていません。

今回の事態が発生する前まで、たいてい人は「俺の仕事はすべて必要かつ火急だ。不要不急の仕事なんてしていない」と自惚れていたのではないでしょうか。かくいう私もそうでした。しかし、こうして必要火急は1割だという現実に直面すると、本当に必要な仕事、火急な仕事とは何なのか考えさせられます。

この機会に自分がやっている仕事を棚卸ししたいものです。

<第1の論点>
□会社・顧客・社会などにとって必要な仕事、火急な仕事とは何なのか
□自分は必要・火急の仕事をどれだけしているか、どうすれば増やせるのか
□自分は不要不急の仕事をしていないか、どうすれば減らせるか
次ページ「自分自身の価値」について考えてみる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT