武漢コロナ死者「遺骨数」が政府発表上回る謎

公式死者数並みの「感染疑いの死者」が存在か

武漢には現在、漢口葬儀場を含む8カ所の葬儀場があり、そのうち3カ所は都市の中心部にある。漢口葬儀場のスタッフによると、多くの遺族が5、6時間も待たなければならないのは、葬儀場の遺骨が多すぎて人も足りず、探すのに時間がかかるからだという。「一番よい方法は、ネットで事前予約しておくこと。そうすれば、遅くとも1、2時間で遺骨を受け取れる」。

葬儀場の玄関に大型トラックが止まった。運転手は、「この車には2500個余りの骨壺が積まれており、昨日も同じ量を納品した」と話す(写真:財新記者 丁剛)

別のスタッフによると、2月の最も忙しかった時期には1日19時間も働き、男性スタッフ全員が遺体を運ぶのに駆り出されていたという。「あまりにも多い。清明節(訳注:4月4日、中国の祝日で墓参りや先祖の供養を行う)までに遺骨の引き渡しを終えて、亡くなった人が早く極楽往生できるようにと上から要求された。ここには新型肺炎で死んだ人もいれば、他の原因で亡くなった人もいる」と語る。

葬儀場に置かれている骨壺は3500個

劉萍が遺骨を受け取ってホールを出ると、西側の玄関に大型トラックが止まった。積んでいたのは漢口葬儀場が注文した骨壺だ。運転手は、「この車には2500個余りの骨壺が積まれており、昨日も同じ量を納品した」と話す。葬儀場の男性スタッフ十数人がトラックに乗り込み、ホールに骨壺を運んだ。500個でひと山。現在は7山が置かれている。

葬儀場の男性スタッフ十数人がホールに運び込んだ骨壺。500個でひと山。現在は7山が置かれている(写真:財新記者 包志明)

午後3時、武漢はどしゃぶりの雷雨に見舞われた。劉萍はすでに車に乗り、その場を離れていたが、朝の行列のそばで、雨の中1人の老婆が夫の遺骨を待っていた。

周りの人々は車の中で雨宿りをするよう勧めたが、彼女は「主人と結婚して60年以上になるが、これほど長く離れたことはなかった。必ず一番近くで、彼が出てくるのを待ちたい」と返した。親族らは傘をさし、待ち続けるほかなかった。

財新記者が午後4時に葬儀場を離れる際にはまだ、遺骨を受け取りに訪れた親族がいた。受付番号表示機の数字は230余りに達していた。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

3月26日までに武漢市が発表した新型コロナウイルスの感染者は5万0006人、死亡者は2531人だ。同市の三甲病院救急科のある医師は財新記者に対し、「1月下旬から2月上旬までの20日間は核酸検査(訳注:PCR検査など)が不足。新型コロナウイルス感染者の死亡数にほぼ匹敵する数の、感染の疑いがある患者が死亡した。自宅での死亡または、新型コロナ以外の死亡患者の具体的な人数は、行政部門などだけが把握している」と語った。

(財新記者:包志明、丁剛)
※敬称略。原文は現地時間3月26日23:18配信

新型肺炎の中国現地リポート「疫病都市」を無料公開中です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT