中学校で「落ちこぼれる子」の典型的なパターン

小学校で悩んだ分野こそが、中学校で最重要

理科のできは、算数に影響される

理科は、社会のように覚えておくことがそれほど多くはありません。ただし、中学校の理科は小学校の内容が前提となり、自然の中の法則や原理につながってきます。

また、「液体を混ぜる際の濃度の問題」など、算数・数学に関わるテーマの基本が理解できていないと苦労します。

私が中学校の先生に助言を求めた際、中学校の理科の先生から「液体を混ぜる際の濃度の問題に関して、比例や割合の知識は徹底してできるようにしておいてほしい」と言われたことが印象的でした。

先述のとおり、算数の割合は、小学生が苦手とすることが多い分野でありますが、そういった分野を確実に押さえておくことが、中学校でのつまずきの予防につながるのです。

社会は独特の言葉をちゃんと押さえる

社会においても、中学校の教科書は小学校で出てきた言葉の意味がわかっているものとして教材が作られていますから、専門的な社会科用語でも基本的なことは理解し、覚えていなければいけません。

社会の授業は暗記ではない、ということが理想論として語られますが、その暗記ができておらず授業ではただボーッとしているだけ、という中学生は多くいます。

社会ではまず、産業や現代社会に対する理解が必要です。また、6年生で習う歴史は中学校での歴史学習の基礎となっており、これも完全に理解し、なおかつ覚えておかなければなりません。

これらの社会科の知識は、小学校で習っていない漢字なども使われながら、社会科独特の用い方をします。意味をしっかりと理解しておくことが、社会科学習全体の理解を促すことにつながっていきます。難しい漢字などがあっても、骨子となる重要語句はちゃんと覚えておくことを心がけてください。

次ページ小学校で広がっている英語は…?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?