中学校で「落ちこぼれる子」の典型的なパターン

小学校で悩んだ分野こそが、中学校で最重要

英語も言葉が大事

今は小学校でも英語の指導がなされ、それが土台となって中学校の英語学習が始まっていくようになっています。ところが、この小学校の英語で問題なのは、各学校によりその指導のレベルに違いがあり、中学校の英語を学習するときのスタートが切りやすい学校とそうでない学校に分かれているのです。

ただレベルの高い指導がされていればいいというものでもありません。指導のレベルが高いためについていけず、英語に苦手意識を持ってしまう子どもたちもいるからです。

やはり大事なのは基礎を固めることです。重要な英単語の意味の理解を確かなものにし、できれば暗記しておくことが、中学校での英語学習をスムーズにスタートできることにつながるでしょう。

小学校の総復習で心がけるべきポイント

学習は多くの時間をかけるということがいいのではありません。むしろ多くの内容をより短時間に効果的に学習していくことが大事です。

『小学校の総復習が7日間でできる本』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

中学校の入学まであとわずかですが、今からポイントを押さえてやれば間に合います。この時期に、小学校の総復習をして、最高の中学スタートダッシュを切ってください。

また、すでに中学生になっている、高校受験を控えている方にも、小学校の総復習は有効です。

例えば、都道府県名は小学校4年生で習いますが、高校受験を控えた中学校3年生になっても、47都道府県を正確に言えない、書けない子もいると聞きます。

中学校での成績が伸び悩んでいるときこそ、小学校の大事な部分をおさらいしてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。