出口が見えない時に言いがちな会話の落とし穴

「みんなで頑張ろう」が招く反発と攻撃の心理

先の見えない不安な状況が続く今だからこそ、大切なものを見失わないよう周囲との関係性を見直す時期かもしれません(写真:Fast&Slow/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

新型コロナウィルスの影響を受けて、仕事の制限を受けたり、外出の自粛をしたり、不自由な生活を強いられてストレスを感じていらっしゃる方も多いかと思います。このストレスには、段階があります。

惨事ストレスの観点からみると、3月下旬の現在は、第3段階にあたり、今までの心身の疲れが蓄積し、日常回復までの道のりに焦りや不安を感じる時期に突入しています。

じわじわと襲ってくる心のダメージ

もう少し詳しく説明しますと、問題が起き始めた時期、必死になって日用品を買い求めたり、子どものために無理して仕事を休んだり、緊急事態なので仕方がないと理不尽なこと(急な仕事のキャンセルなど)も受け入れられる時期が、第1段階にあたります。

この連載の記事一覧はこちら

この時期は、感情よりも身体が反射的に動き、不満やストレスを感じるよりも、何とかしなければという使命感のようなものが気持ちの多くを占め、これを乗り切ればなんとかなるという強い気持ちが原動力になります。

そして、次に来るのが、第2段階で、この時期は連帯が生まれ始めます。必死になって行動したり、不自由さを体験した人たちが、日常生活や仕事の問題と向き合いながらも強い連帯感で結ばれ、お互いに助け合おうとするつながりを意識する段階です。

身近な者同士が助け合ったり、情報を共有し、何とかしようという動きを通じて連帯感を高めていきます。給食のパンが余って困っています、という情報が流れるとみんながパンを買いに行くというようなことがあちらこちらで始まる時期です。

しかしそれが続くと、次に来るのが、第3段階です。もちろん個々の状況や現場によって一概には言えませんが、現状は、この段階にあると思います。

この時期は、第2の災害と呼ばれる事態が起きやすいといえます。「いつまで自粛したらよいのか」「いつになったら気兼ねなく出かけられるのか」「元の生活に戻れるのか」と先が見えないからこそ、個々それぞれが自分の状況や受けたダメージの大きさに気づき、今まで表面化しにくかった心の問題が徐々に表れてきます。

次ページ身近な人間関係に感情的な反目が生じるケースも
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。