「自分本位な人」が結局大きな幸せをつかむ必然

「利他」「協調」の対極にあるわけではない

楠木:「自分本位」と「自己中心」の違いは、なかなかイメージできないと思うんです。この2つは混同されがちで、「自分本位」というと悪いことのように思える。すると、もう少し自分を抑制してまわりの期待にあわせなくちゃいけない、などと思うわけです。しかし、この本では「自分本位」と「自己中心」を分けてくれる。

楠木 建 (くすのき けん)/1964年、東京都生まれ。1992年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。一橋大学商学部助教授および同イノベーション研究センター助教授などを経て、2010年より現職。専攻は競争戦略とイノベーション。著書に『ストーリーとしての競争戦略』(東洋経済新報社)、『「好き嫌い」と経営』『「好き嫌い」と才能』(ともに共著、東洋経済新報社)、『経営センスの論理』(新潮新書)などがある(撮影:尾形文繁)

実際のところ、価値あるコンセプトというのは、「これまで同じものだと考えられていたことが実は違う」ということを教えてくれるものです。

1950年代に、二要因理論というのが提唱されました。アメリカの臨床心理学者、フレデリック・ハーズバーグのこの理論は、簡単に言うと、人間のモチベーションはどこから生まれるのか、という普遍的な問題を扱った話です。

この理論が行き着いたところは、「不満」と「不満足」は別の次元であるということ。それまでは「不満」と「不満足」は同じ次元にあると思われていた。つまり「不満足」をなくしていけば、その先に「満足」があるかと思っていたが、そうではなかった。

:不満足の解消の先に満足はない。例えば、どんな例がありますか?

楠木:従業員の不満足をヒアリングしたところ、「給料が安い」という回答が手に入ったとします。では、給料を高くすれば「満足」してモチベーションが上がるのかと思いきや、そうならない。不満足を解消し続けていった先にあるのは、不満足がなくなった状態、つまり「没不満足」でしかない。

「自己本位」を突き詰めると利他になる

:なるほど! 確かに、「没不満足」状態は、本質的なモチベーションが湧いている状態とは言えませんね。

楠木:はい。不満足を減らすもののことを「衛生要因」と呼び、本当に人間の満足を満たすものを「動機付け要因」と呼びました。この2つの要因は同じ次元になく、それぞれをそれぞれの概念から切り離してみることで、本質が見えてくるのです。

何が言いたいのかというと、セルフィッシュという概念にも同じことが言えるということです。

:セルフィッシュの対極にあると思われているものは、実はそうではないと。

次ページ高倉健さんの場合
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT