「自分本位な人」が結局大きな幸せをつかむ必然

「利他」「協調」の対極にあるわけではない

楠木:例えば、 セルフィッシュを「自己中心」と捉えると、その対極に来そうなのは、「利他」「協調」のような概念でしょうか。自己中心になりすぎると利他性を失い、利他が強すぎると自分を失う。そうではなくて、セルフィッシュというのは、この次元とはまったく別なんです。

:セルフィッシュ=自分本位な生き方は、結果として利他にもつながることが多いですからね。

楠木:まったくそのとおりだと思います。

なぜ方言を使わなかったのか、高倉健のセルフィッシュ

楠木:この本の言っているセルフィッシュをイメージすると、高倉健さんを連想します。自分の中で「カッ」とくる映画以外には出演しないという信念からして、ものすごくセルフィッシュ。あとは、映画を制作するスタッフとの信頼関係を築いていくのに、ものすごくエネルギーを使うそうです。これは、スタッフとの信頼関係がそのまま画面に出て、それはお客さんにすぐに見破られてしまうという理由からです。

秦卓民(はた たくみ)/1979年生まれ。2009年、総合コンサルティング会社、(株)ENERGIZEを共同設立。スポーツ選手、企業経営者などを中心にビジネスのパフォーマンスが上がるエグゼクティブコーチングを行っている。顧客にリンクアンドモチベーション、Plan・Do・See、サッカー日本代表選手など多数(撮影:尾形文繁)

だから、自分のやり方を貫くっていうのはある意味でお客さん本意になっていますよね。これも、お客さん本意と自分本位は実は対極になく、突き詰めていくと同じになっているということです。

:確かに、対極にあると思っているものが実はそうじゃないことって、ほかにもありそうですね。

楠木:あともう1つ高倉健さんのエピソードで好きな話があります。

健さんは、劇中で方言で話すことを嫌うんですよね。それは、自分の言葉ではないからです。設定に忠実になるために方言をマスターするという考え方もありますが、やはり自分の言葉でないことは伝わらない。それは、結果としてお客さんを喜ばせられない。

同じ意味で、「役になりきる」ということにも異論を唱えています。例えば、ヤクザ映画に出演するときに、ヤクザになりきるために役を研究し、果てはヤクザと寝食を共にするまでやる人もいる。しかし、お客さんが求めているのは、「映画の中に出てくるヤクザっぽい人」なんです。

次ページリアルなヤクザを求めているわけではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT