室内で子供が喜ぶ&頭が良くなる「3大遊び」

集中力も身につく!佐藤ママおすすめツール

新型コロナウイルスの影響で室内で遊ぶことが増えた子どもたちに、おすすめの遊び道具を紹介(写真:msv/PIXTA)
新型コロナウイルスの影響で、小学校や保育園の登園・登校禁止、あるいは休校や学級閉鎖が相次いでいる。小さい子どもがいる家庭では、急きょ親が有給をとったり在宅勤務に切り替えるなど混乱も続いている。また、外出の自粛も求められており、家の中で子どもたちといかに楽しく、有意義な時間を過ごせるか、思い悩んでいる親も多いだろう。
3男1女を東大理Ⅲに合格させ『3歳までに絶対やるべき幼児教育 頭のいい子に育てる』の執筆者である佐藤亮子氏が、自宅で楽しめて、子どもたちの教育にもよい、おすすめ室内遊戯について紹介する。

わが家では、子どもたちが12歳になるまでは、家の中ではほとんどテレビを見せませんでした。テレビのように一方的に情報を受け取るものではなく、家では、子どもたちが実際に手に取って遊べるもので遊ばせることにしました。その中でおすすめのものを紹介します。

達成感を味わいたくて夢中になる

【おすすめ①】ジグソーパズル

1つ目は、ジグソーパズルです。長男が1歳の頃の公文式では、「3歳までに100ピースのジグソーパズルができたら東大に行ける」と言われていました。今はもう言われていないようですが、それを聞いたとき、とりあえず100ピースのジグソーパズルを買ってみました。

『頭のいい子に育てる 3歳までに絶対やるべき幼児教育 頭のいい子に育てる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

息子はまだ1歳で幼かったので、私も一緒にやりましたが、ジグソーパズルというのは、1つのピースを指でつまんで狭いところにはめ込むので、指を使った機能を発達させると思いました。

ジグソーパズルで遊ぶことを、能力開発に結びつける気はさらさらなくて、子どもが楽しく遊べたらいいと思ってやらせたのですが、長男はジグソーパズルに熱中して、3歳までに100ピースのジグソーパズルを完成させました。

同じ100ピースのジグソーパズルでも、絵が空や海だと難しかったと思うのですが、電車やバスなどの乗り物のパズルだったので、本当に楽しそうにやっていました。

根気強く取り組み、最後のピースをプチッとはめ込むときの達成感はひとしおです。「この作品を作った!」という達成感を味わいたくて、夢中になるんでしょうね。

わが家の長男も、一度できたら終わりではなくて、できたものを崩して、何回もやっていました。一度やったものは、次にやるときに少しずつ早くできるようになることも、うれしかったんでしょう。下の子が次々と生まれて、1人で子どもたちを連れて外に出かけるのが大変なときには、家でジグソーパズルをさせることが多かったですね。

次ページ大人数で遊ぶならコレ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT